2016/6/28 16:53

ジェニファー・ローレンス主演の映画『Bad Blood(原題)』、レジェンダリー・ピクチャーズが権利を獲得

jennifer-lawrence

レジェンダリー・ピクチャーズは、ジェニファー・ローレンス主演の映画『Bad Blood(原題)』の権利を競売で落札した。

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を手掛けたアダム・マッケイ監督が、同作の脚本と監督を務める。ローレンスは、いま物議を呼んでいる血液検査会社、セラノス(Theranos)の創設者であるエリザベス・ホームズを演じる。

同社は血液検査のずさんさについて捜査を受けており、企業価値は急落している。その一方で、ホームズはセラノスを擁護し続けている。

マッケイ、ウィル・フェレル、ケヴィン・メシックは自身が率いるゲーリー・サンチェス社を通じてローレンスと共にプロデュースする。マッケイとチャールズ・ランドルフは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で今年2月にアカデミー脚色賞を獲得した。

本作品の入札には、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の配給を担った米パラマウント・ピクチャーズを始め、複数のスタジオや製作会社が参加していた。取引には、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に同社のレポートを書いたジョン・カリユルーによるセラノス論争についての本の企画書と、その映画化権も含まれる。

配給は米ユニバーサル・ピクチャーズが行う。

マッケイは、WME、モザイクと代理人契約を結んでいる。ローレンスは、CAAと弁護士のスティーブ・ウォーレンと代理人契約を結んでいる。

このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『アナと雪の女王』、描かれなかったオリジナルの結末が明らかにリンク
  • 2【独占記事】ライアン・ゴズリング、映画『ラ・ラ・ランド』のメイキング映...リンク
  • 3アリシア・ヴィカンダー、リブート版映画『トゥームレイダー』でララ・クロ...リンク
  • 4『スター・ウォーズ』から『ローグ・ワン』まで:その音楽の魅力と秘密~な...リンク
  • 5【独占記事】セレーナ・ゴメス、小説『13の理由』のドラマ化でエグゼクテ...リンク