2016/6/28 11:30

テレビシリーズ『24』の責任者、「キーファー・サザーランドはジャック・バウアーの死を望んだ」と告白

24-live-another-day

FOXのテレビシリーズ『24』のショーランナー(番組責任者)であるハワード・ゴードンは、ジャック・バウアーの最大の敵は彼自身だったことを明かした。

「(キーファー・)サザーランドはジャック・バウアーを死なせたかったのです。その件について、私たちは何度も話し合いました。彼の代理人や多くの人が彼を説得しようと試みましたが、最終的には、FOX上層部の意向で、ジャック・バウアーを生かすことになりました」(ゴードン)。

2014年、サザーランドはテレビのミニシリーズ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』に出演したが、昨年、このシリーズとの関係について彼は次のように語った。「『24』は私にとって完全に終わりました。このシリーズは、私が俳優としていただいた最大の贈り物のひとつです。でも、これからは私抜きで進むべきです」(サザーランド)。

ゴードンは、2017年に放送予定のスピンオフ版テレビシリーズ『24: Legacy(原題)』では、劇中でバウアーが務めていたCTU役の後継者として、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のコーリー・ホーキンズが起用されることを明らかにした。バウアーはもはや新シリーズには登場しないが、ゴードンは「彼が戻って来るチャンスはいつでもあります」と語った。

テレビシリーズ『HOMELAND(原題)』の共同クリエーターであり、脚本も務めたゴードンは、自身の仕事に与えたバウアーの影響力について「ジャック・バウアーは長期にわたって出演し、強烈な影を持っています」と語った。

「キャリー・マティソン(『HOMELAND(原題)』でクレア・デインズが演じるキャラクター)は、ジャック・バウアーから誕生しました。コーリーのキャラクターも同じです。私たちは同じストーリーの池で釣りをしているようなものです。そして、ジャック・バウアーはその原子なのです」(ゴードン)。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1O.J.シンプソンが再びハリウッドで働くべきではない理由リンク
  • 22016年米大統領選、最近の民主党討論会における5つの重要な話題リンク
  • 3ジム・キャリー、元恋人の突然の自殺に驚きと悲しみを表明リンク
  • 4【独占記事】映画『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督、映...リンク
  • 5アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク