2016/6/22 16:50

J・J・エイブラムス監督、スタートレック俳優アントン・イェルチンの死を追悼、「とても輝いていた」

j-j-abrams-god-particle

J・J・エイブラムスは、アントン・イェルチンが週末に急死したことを受け、心からの敬意をTwitterに投稿した。

エイブラムスは、「君はとても輝いていた。優しく、面白い人でした」と書き、「そしてもうここに君はいない。寂しいです。JJ」と綴った。

27歳のイェルチンは、6月19日(現地時間)の早朝、ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが発見された。彼は、車と郵便受けの間に挟まれており、不慮の事故に巻き込まれたようだ。

エイブラムスは、監督を務めた2009年のリブート版映画『スター・トレック 』と2013年の映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でイェルチンを起用した。

イェルチンはロシア人隊員のチェコフ役を演じていた。

7月22日に公開されるシリーズ最新作、映画『スター・トレック BEYOND』を監督したジャスティン・リンも「ショック」だとコメントした。

リン監督はソーシャル・メディアで「安らかに眠ってください、アントン」「その情熱と熱意は、君と知り合う幸運に預かったすべての人の中で生き続けます」と、書き込んだ。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2ウディ・ハレルソン、ロン・ハワード監督の『ハン・ソロ』スピンオフ作品に...リンク
  • 3アンジェリーナ・ジョリー監督作、カンボジア内戦を描いた映画を2016年...リンク
  • 4【写真】第73回ゴールデングローブ賞:アフターパーティーに潜入リンク
  • 5【独占記事】映画『Bad Boys 3(原題)』のジョー・カーナハン監...リンク