2016/6/21 11:20

ミュージカル『ウィキッド』の映画版、2019年の公開が決定

wicked-movie-release-date

ミュージカル『ウィキッド』の映画版が、2019年に公開される。

待望の映画『Wicked(原題)』は、2019年12月20日(現地時間)に劇場公開予定であると、米ユニバーサル・ピクチャーズが6月16日(現地時間)に発表した。

ベストセラー小説を基にする人気ブロードウェイ・ミュージカルの映画版は、スティーヴン・ダルドリーが監督を務め、マーク・プラットがプロデュースを担当する。彼らはロングラン上演中のミュージカルもプロデュースしている。

グレゴリー・マグワイアのベストセラー小説『オズの魔女記』は、作家のウィニー・ホルツマンと、オスカーを受賞した作詞/作曲家であるスティーヴン・シュワルツの2人によってミュージカル化され、トニー賞を受賞した。彼らは映画版の脚本でもチームを組んでいる。

ミュージカル版の『ウィキッド』は、プラット、ユニバーサル・ステージ・プロダクションズ、アラカ・グループ、ジョン・B・プラット、デイヴィット・ストーンによりプロデュースされた。

オズの魔女の秘話がテーマのこのミュージカル作品では、イディナ・メンゼル、クリスティン・チェノウェスが主演を務めた。今年で13年目を迎え、その間に3度のトニー賞に輝いた。歴代ミュージカルのロングラン記録では第10位となり、10億ドル以上の興行収入を得ている。

本作品は、L・フランク・ボームによって1900年代に出版された同名小説を原作とする1939年の映画『オズの魔法使』の、もう一つのストーリーである。

高い興行収益を得たミュージカルの映画版としては、ユニバーサルの映画『マンマ・ミーア!』がある。この作品は2008年に全世界で公開され、6億980万ドルの興行収入を得た。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【香港フィルマート2016】東宝映画『後妻業の女』は日本の詐欺商法を描...リンク
  • 2映画『Justice League(原題)』、アンバー・ハード演じるア...リンク
  • 3アンジェリーナ・ジョリー監督作、カンボジア内戦を描いた映画を2016年...リンク
  • 4映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク
  • 5【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク