2016/6/15 16:30

米ディズニー・チャンネルのテレビ映画『ディセンダント』、続編の製作が正式に決定

DOVE CAMERON, BOOBOO STEWART, SOFIA CARSON, CAMERON BOYCE

本紙ヴァラエティが得た情報によると、米ディズニー・チャンネルは、同社の人気テレビ映画『ディセンダント』の続編にゴーサインを出した。前作のダヴ・キャメロン、キャメロン・ボイス、ブーブー・スチュワート、ソフィア・カーソン、ミッチェル・ホープが再び出演し、新たなキャストとして、アースラの娘ユマ役にチャイナ・アン・マクレインが加わる。悪役フック船長やガストンの子孫を含め、追加となる新キャラクターへのキャスティングはすぐに発表されるだろう。

再びケニー・オルテガが監督、エグゼクティヴ・プロデューサー、振付師を担当する。同作は、ディズニー作品で悪名高い悪役たちの10代の息子や娘らを描く。米ディズニー・チャンネル・ワールドワイドの社長兼CCO、ゲイリー・マーシュが行った6月10日(現地時間)の発表によると、2017年の公開に向け、今夏、製作をスタートする。

マーシュは声明の中で、「オーラドンの王国に”永遠の幸せ”が訪れたと思いきや、『Descendants 2(原題)』では、全く新しいミステリーと驚きが明らかとなります」と述べた。

前作の『ディセンダント』は、2015年に放送されたテレビ映画としては首位、そして、米国のケーブルテレビ史上5位の高い視聴率を記録した。

続編はサラ・パリオットとジョーサン・マクギボンが再び脚本を手掛け、両者はウェンディ・ジャフェットと共にエグゼクティヴ・プロデューサーも務める。コスチューム・デザイナーのカーラ・ソーンと、プロダクション・デザイナーのマーク・ホフェリングも続編に戻ってくる。トニー・テスタがオルガと共に振付師として、ショーン・ウィリアムソンがプロデューサーとして、新たにチームへ加わる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク