2015/10/2 16:30

【独占記事】ビル・パクストンがトム・ハンクス出演の映画『The Circle(原題)』に参加

Bill Paxton Joins Tom Hanks in ビル・パクストンは、デイヴ・エガーズの小説『The Circle』の映画化作品への出演交渉に入っている。本作品はジェームズ・ポンソルト監督の最新作であり、トム・ハンクス、エマ・ワトソン、ジョン・ボイエガの出演が決まっている。

カレン・ギランも既に出演することが決まっている。ポンソルト(映画『The Spectacular Now(原題)』)は自身の脚本で監督を務める。

本作は、プレイトーンのハンクスとゲイリー・ゴーツマン、ライクリー・ストーリーのアンソニー・ブレグマンとポンソルト監督によってプロデュースされ、イメージ・ネイションがパークス・マクドナルド・プロダクションズと共に製作する。

米国内での作品の権利はUTAインディペンデント・フィルム・グループとCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)が扱っており、国際セールスはIMグローバルが担当する。

エガーズの小説は、サークルと呼ばれる巨大なネット独占企業での大事業に雇われた若い女性に焦点を当てる。サークルは巨大なオペレーティングシステムによって個人のメールやソーシャルメディア上での行動、銀行の取引履歴などを全てリンクさせてしまう。原作小説では、プライバシーが廃れたデジタル社会における生命の危機がスリラーとして描かれている。

最近のパクストンは、ヒストリー・チャンネルのミニシリーズ『Texas Rising(原題)』や、ダニエル・ラドクリフと共にBBCのテレビドラマ『The GameChangers(原題)』に出演していた。映画では、『ミリオンダラー・アーム』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『ナイトクローラー』に出演し、2014年は多忙を極めた。

パクストンはUTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)とブルーム・ハーゴット・ディーマー・ローゼンタール・ラヴァイオレット・フェルドマン・シェンクマン・アンド・グッドマンを代理人としている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2ウィル・スミス、ガイ・リッチー監督の映画『アラジン』でジーニー役の声優...リンク
  • 3ジョニー・デップの娘リリー=ローズ、DV疑惑の父親を擁護リンク
  • 4マイケル・シャノン、ギレルモ・デル・トロ監督の恋愛映画に出演交渉中リンク
  • 5【動画】映画『American Assassin(原題)』、ディラン・...リンク