2016/6/10 14:00

【写真】映画『ファインディング・ドリー』のワールドプレミアが開催

dory-1

6月8日(現地時間)、映画『ファインディング・ニモ』の待望の続編、映画『ファインディング・ドリー』のワールドプレミアがハリウッドにて開催された。

  • エレン・デジェネレス

    13年ぶりにドリーの声を演じたエレン・デジェネレスは、「ほんのちょっと声を微調整して、自分よりも天真爛漫な性格を少し増しただけ。ドリーはとても愛にあふれたキャラクターだから、すごく演じやすくて、すごく楽しかった」と、語った。

  • アルバート・ブルックス、アラン・ホーン、ユージン・レヴィ

    カクレクマノミのマーリン役を演じたアルバート・ブルックス。米ウォルト・ディズニー・スタジオのチェアマンを務めるアラン・ホーン。ドリーの父親役を演じたユージン・レヴィ。

  • エド・オニール

    エド・オニールは、「何年も経って大きく変わったと思うけど、今だから出来ることに驚かされた。ウォルト・ディズニーだって、草葉の陰で泣いて喜んでいるはずだ」と、アニメーションの革新について語った。彼は、今作でタコのハンク役を演じている。

  • ユージン・レヴィ

    ドリーの父親役を演じたユージン・レヴィは、「ドリーが抱えるある種の記憶障害と、機能障害を持つ子どもの親。人生を歩む時には異なる視点がある。そのことが私に敬虔さを与えてくれた」と、語った。

  • ケイトリン・オルソン

    ジンベイザメのデスティニー役を演じたケイトリン・オルソン。

  • アンドリュー・スタントン監督

    アンドリュー・スタントン監督は、「前作は私自身の父親をモデルにしたけど、今作は既存のキャラクターであるドリーをメインに、女性の視点から描いた続編にしようと思った。困難になることは分かっていたけど、ドリーには他とは違うアイデンティティを持たせたかった」と、脚本家との話し合いについて語った。

  • ポーシャ・デ・ロッシ

    ブルーカーペットに登場したポーシャ・デ・ロッシ。

  • ヴィクトリア・ストラウス

    脚本のヴィクトリア・ストラウスは、「完成したこの大作の一員になれたなんて信じられない。観客はまるで海の中にいるように思うはず。最高に素晴らしい世界の一部だけど、自分がちっぽけに感じる。謙虚な気持ちと最高の気分が味わえるの」と、語った。

  • リコ・ロドリゲス、タイ・バーレル

    シロイルカのベイリー役を演じたタイ・バーレルと、ドラマシリーズ『モダン・ファミリー』で共演するリコ・ロドリゲス。

  • エレン・デジェネレス、ジョン・ラセター

    エレン・デジェネレスと、ピクサーのCCOジョン・ラセター。

  • マリオ・ロペス一家

    家族を連れてプレミアに出席したマリオ・ロペス。

  • キャサリン・マクナマラ

    ブルーカーペットに登場したキャサリン・マクナマラ。

  • リンジー・コリンズ一家

    プロデューサーのリンジー・コリンズは、「(『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』は)お互いを補完し合うものだと思う。続編の雰囲気やキャラクター、感性は前作と似ているけど、たくさんの新キャラクターも登場する。メインのキャラクターは前作にも登場して多くのファンがいるけど、彼らの深いところまでは知り得なかった。今作にはそれが詰まっている」と、語った。

  • サラ・ハイランド

    ブルーカーペットに登場したサラ・ハイランド。

  • アンガス・マクレーン共同監督

    共同監督を務めたアンガス・マクレーンは、「当然ながら前作の名残りは少しあるけど、物語の延長という以上のものを感じている。水の反射を前作と比べたらきっと……」と、語った。

  • 『ファインディング・ドリー』ワールドプレミア

    米ディズニーとピクサーによる『ファインディング・ドリー』は、6月17日に米劇場公開。日本公開は7月16日より。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『Star Wars: Episode VIII(原題)』のライア...リンク
  • 2M・ナイト・シャラマン監督の恐怖映画『Split(原題)』、ジェームズ...リンク
  • 3【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、ハリウッドにてプレミア...リンク
  • 4ジャスティン・ティンバーレイク、ドリームワークスの最新アニメミュージカ...リンク
  • 5メリル・ストリープ、役になりきれなかった映画があると告白リンク