2016/6/9 11:30

『スパイダーマン』のリブート作品に、映画『Little Men(原題)』のマイケル・バルビエリが出演へ

michael-barbieri

マイケル・バルビエリが、トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jrの相手役として、米ソニー・ピクチャーズの映画『Spider-man:Homecoming(原題)』への出演交渉中である。

ジョン・ワッツが、映画『スパイダーマン』シリーズのリブート版となる同作の監督を務める。マリサ・トメイが叔母のメイを演じ、ゼンデイヤも詳細不明の役で出演する。バルビエリの役柄はホランド演じるピーター・パーカーの友人役ということ以外、明らかになっていない。

ケヴィン・ファイギとエイミー・パスカルがプロデュースを行う。作品の詳細はまだ秘密にされている。

ソニーは映画『スパイダーマン』の権利を1990年代から保有しており、2002年から今までで5作品を制作した。『Spider-man:Homecoming(原題)』は2017年7月7日(現地時間)に米劇場公開される予定だ。

バルビエリは、スティーブン・キングのホラーファンタジー小説を原作としたソニーの映画『The Dark Tower(原題)』で、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒーの相手役を演じる。彼は、アイラ・サックスの婦人服店の賃借を巡って両親が争う映画『Little Men(原題)』でデビューした。

バルビエリは、もともとピーター・パーカーの役でオーディションを受けていた。

バルビエリはWME、3Artsと代理人契約を結んでいる。このニュースは最初にHeroic Hollywoodが報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2【独占記事】クリント・イーストウッド監督、映画『The 15:17 t...リンク
  • 3映画『ワンダーウーマン』や映画『美女と野獣』はなぜ女性を中心とする映画...リンク
  • 4【写真】映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』ニュ...リンク
  • 5『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、初の場面写真が公開され生存者と...リンク