2016/5/28 11:30

コリン・ファース、ロシア原子力潜水艦の沈没事故を描く映画『Kursk(原題)』に出演へ

colin-firth-kursk ヨーロッパ・コープが手掛けるロシアの原子力潜水艦の沈没事故を描いた映画『Kursk(原題)』に、コリン・ファースが出演交渉中であることが分かった。マティアス・スーナールツも同作の主演に名を連ねている。

デンマーク出身のトマス・ヴィンターベアが監督し、映画『プライベート・ライアン』の脚本家ロバート・ロダットがシナリオを担当した本作品は、ロバート・ムーアのノンフィクション『A Time to Die(原題)』をベースに映画化したものだ。

『Kursk(原題)』は、2000年8月にバレンツ海で発生したロシア海軍の誇りである原子力潜水艦K-141クルスクの沈没事故を題材としている。乗組員が事故の起きた潜水艦で生存を賭けて戦ったように、彼らの家族もまた、政治的な障害や彼らを救うための絶望的な確率と必死に戦った。

リサ・エルジーはヨーロッパ・コープを通して同作のエグゼクティブ・プロデュースを担当する。

ファースは、映画『Genius(原題)』でニコール・キッドマンとジュード・ロウらの相手役として見事な演技を見せ、ワーキング・タイトル・フィルムズの次回作『Bridget Jones’s Baby(原題)』にも出演する。彼は2017年に公開を控える映画『Kingsman: The Golden Circle(原題)』でも、ハリー・ハート役として出演すると見られる。

ファースはCAA、インディペンデント・タレント・グループと代理人契約を結んでいる。

ロダットはガーシュと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1O.J.シンプソンが再びハリウッドで働くべきではない理由リンク
  • 22016年米大統領選、最近の民主党討論会における5つの重要な話題リンク
  • 3ジム・キャリー、元恋人の突然の自殺に驚きと悲しみを表明リンク
  • 4【独占記事】映画『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督、映...リンク
  • 5アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク