2016/5/13 16:40

エディ・レッドメイン、英アードマン製作のアニメ映画『Early Man(原題)』に参加

eddie-final-art-2-e1462806359155

エディ・レッドメインが、英国のアニメ制作会社アードマンによる先史時代をテーマにしたアニメ映画『Early Man(原題)』にキャスティングされた。

ニック・パーク監督による長編ストップモーションアニメ映画は、ヨーロッパを代表する2大アニメーションスタジオである、英アードマンと仏スタジオ・カナルが再び共同で製作にあたる。アードマンとスタジオ・カナルは、2015年に公開された映画『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』でチームを組んでいる。

レッドメインは、このアニメ映画で最初に発表されたキャストだ。この物語は、先史時代の生物やマンモスが地球上に存在していた時代がテーマになっている。英国人俳優のレッドメインが原始人ダグの声を演じる。とある試合で対決する青銅器時代の敵に立ち向かうために、親友ホグノブと一緒にチームを結成する。

パーク監督にとって、オスカー受賞作の映画『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』以来、初の作品となる。

映画は2018年初頭の公開が予定されている。スタジオ・カナルはイギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドに作品を配給し、全世界に配給権を売り出している。

英国映画協会もまた、この映画を支援している。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1マーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手掛けてきたジ...リンク
  • 2マーベル、ブラック・ウィドウ主役の単独映画を製作へリンク
  • 3『スター・ウォーズ』から『ローグ・ワン』まで:その音楽の魅力と秘密~な...リンク
  • 4映画『ウォークラフト』のダンカン・ジョーンズ監督、続編への関心と「誇り...リンク
  • 5映画『The Batman(原題)』、新監督はマット・リーヴスリンク