2016/5/12 11:00

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ監督、米20世紀フォックスによる映画『Irredeemable(原題)』の監督へ

Art For Amnesty Pre-Golden Globes Recognition Brunch, Los Angeles, America - 08 Jan 2016

米20世紀フォックスは、Boom!コミックスの原作をもとにした映画『Irredeemable(原題)』に、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の脚本・監督を務めたアダム・マッケイを起用することを決定した。

同作は、映画『ヘンゼル&グレーテル』の脚本・監督を務めたトミー・ウィルコラが脚本を執筆中だ。マッケイは、『マネー・ショート』でチャールズ・ランドルフと共に第88回アカデミー賞脚本賞を受賞した。

プロデューサーには、Boom!スタジオのロス・リッチー、ステファン・クリスティーに加え、ゲーリー・サンチェス・プロダクションのマッケイとケビン・メシックが名を連ねる。アダム・ヨエリンは共同プロデューサーを務める。Boom!スタジオは、米20世紀フォックスとのファースト・ルック契約を交わしている。

マーク・ワイドが手掛けたコミック『Irredeemable(原題)』は、2009年から2012年にかけて合計37号が発行され、地球に住む人類の虐殺を始める堕落したスーパーヒーローのプルトニアンが物語の中心となる。プルトニアンの元同志達であるスーパーヒーロー集団のパラダイムが、大暴れするプルトニアンを阻止する方法を見つけようと試みるが、誰一人として世界を人質にとる狂人のプルトニアンほど強くない。そこでパラダイムは、一か八か有名なスーパーヴィラン(悪役)に助けを求める。

マッケイがこれまでに監督した作品には、映画『俺たちニュースキャスター』、映画『タラデガ・ナイト オーバルの狼』、映画『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』、映画『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』、映画『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』がある。

ウィルコラは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、プリンシペイト・ヤング・エンターテイメント、弁護士のマイケル・シェンクマンと、マッケイは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、モザイクとそれぞれ代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2映画『Jumanji(原題)』の公開が2017年のクリスマスに延期リンク
  • 3クリストファー・ノーラン監督、ジェームズ・ボンド映画を「間違いなく」手...リンク
  • 4ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 5『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク