2016/4/26 16:30

ウィレム・デフォー、映画『Justice League(原題)』に出演へ

willem-dafoe-justice-league

映画『スパイダーマン』の卒業生がもう1人、DCコミックスの世界に飛び込む。

『スパイダーマン』でグリーン・ゴブリン役を演じたウィレム・デフォーが、米ワーナー・ブラザースの映画『Justice League(原題)』に出演することになった。

また、同じく『スパイダーマン』シリーズでジョナ・ジェイムソン役を演じたJ・K・シモンズが、コミッショナー・ゴードン役で出演する。

2017年11月17日に米劇場公開される『Justice League(原題)』は、ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ガル・ガドットがそれぞれバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン役で出演し、現在製作中にある。エズラ・ミラーがフラッシュを演じ、ジェイソン・モモアがアクアマンを演じる。

ザック・スナイダーが監督を務める。

ストーリーの詳細は不明で、デフォーがどのような役を演じるかも分からない。

デフォーは、最近では映画『きっと、星のせいじゃない。』と映画『ジョン・ウィック』に相次いで出演し、マット・デイモンとの共演となる映画『The Great Wall(原題)』の撮影を終えたばかりである。映画『A Headhunter’s Calling(原題)』の撮影は今年中に始まる予定であり、ジェラルド・バトラー、アリソン・ブリーらと共演する。

デフォーはCAA、サークル・オブ・コンフュージョンと代理人契約を結んでいる。このニュースはThe Hollywood Reporterが最初に報じた。


タグ:
  • 執筆者:shin_h
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2映画『Jumanji(原題)』の公開が2017年のクリスマスに延期リンク
  • 3クリストファー・ノーラン監督、ジェームズ・ボンド映画を「間違いなく」手...リンク
  • 4ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 5『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク