2016/4/21 08:00

【独占記事】マイケル・キートン、リブート版映画『スパイダーマン』で悪役を演じる交渉中

Mandatory Credit: Photo by Andrew H Walker/WWD/REX/Shutterstock (5599379fl) Michael Keaton 88th Annual Academy Awards, Arrivals, Los Angeles, America - 28 Feb 2016

マイケル・キートンがスーパーヒーローの世界に戻って来るかもしれない。今回は悪役としてだ。

複数の情報筋が本紙ヴァラエティに伝えたところによると、キートンは、マーベルと米ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントが共同製作する映画『Spider-Man: Homecoming(原題)』に出演する交渉の初期段階にある。同作は、トム・ホランドがスパイダーマンを演じる最新作だ。

マーベルと米ソニー・ピクチャーズは、出演に関して何もコメントしなかった。

出演するとなると、キートンはDCコミックスからマーベルに鞍替えすることになる。キートンは、1989年のティム・バートン監督のDCコミックス映画『バットマン』のバットマン役で一躍有名になり、アカデミー賞候補にもなった。

『Spider-Man: Homecoming(原題)』では、マリサ・トメイが叔母のメイを演じ、ゼンデイヤも詳細不明の役で出演する模様だ。悪役を演じるとされているキートンの役柄についても謎に包まれている。

ジョン・ワッツが、ジョン・フランシス・デイリーとジョナサン・ゴールドスタインが執筆した脚本をもとに監督を務める。ケヴィン・ファイギとエイミー・パスカルがプロデュースを行い、10代のピーター・パーカーの高校時代に焦点を当てたストーリーとなる。

同作の内容の詳細は、固く守秘されている。

ホランド演じるスパイダーマンは、最新作映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場し、スパイダーマンの単独作品『Spider-Man: Homecoming(原題)』は、2017年7月7日に米公開となる。同作の製作は今夏に開始することが見込まれている。

キートンは、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と映画『スポットライト 世紀のスクープ』に出演し、両作ともアカデミー賞作品賞を獲得した。キートン自身は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第87回アカデミー主演男優賞にノミネートされた。キートンの次回作は、マクドナルドの創業者レイ・クロックを描いた映画『The Founder(原題)』となる。

キートンは、ICMパートナーズとアノニマス・コンテントと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2映画『Jumanji(原題)』の公開が2017年のクリスマスに延期リンク
  • 3クリストファー・ノーラン監督、ジェームズ・ボンド映画を「間違いなく」手...リンク
  • 4ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 5『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク