2016/4/19 16:30

ベネディクト・カンバーバッチ、絵本『いじわるグリンチのクリスマス』のアニメ映画にグリンチの声で出演

Benedict Cumberbatch Is the Grinch in

ベネディクト・カンバーバッチが、ドクター・ストレンジから絵本作家ドクター・スースへと鞍替えする。

カンバーバッチはイルミネーション・エンターテイメントが手掛けるドクター・スース原作の子ども向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』の新たなリテリングの中で、グリンチの声を依頼された。

悪役のバルサザール・ブラッド役には、アニメ『サウスパーク』の作者として知られるトレイ・パーカーがキャスティングされた。バルサザール・ブラッドは、映画『怪盗グルー』のシリーズ3作目に登場し、80年代に自身が演じたキャラクターに取りつかれたまま成長した元子役スターである。

シネマコンで行われた米ユニバーサル・ピクチャーズのプレゼンテーションの中で、イルミネーションのチェアマンであるクリストファー・メレダンドリが速報としてこのニュースを伝えた。

2017年11月に米劇場公開される映画『The Grinch That Stole Christmas(原題)』は、グリンチの物語だ。グリンチは近隣の村フーヴィルの住人たちのクリスマスを台無しにすることをたくらむ。ピート・キャンドランドとヤーロウ・チェイニーが監督する。

マイケル・ルシュールが脚本の改変を担当し、メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、そしてスコット・モシャーがプロデュースを行う。オードリー・ガイゼルとクリス・ルノーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

カンバーバッチは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、コンウェイ・ヴァン・ゲルダー・グラント、ロバート・オファー・アンド・シェルビー・ワイザーを代理人としている。

映画『怪盗グルー』シリーズの3作目は、ティーヴ・カレルがグルーの声を再び演じ、2017年6月に米劇場公開される。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 3映画『007』シリーズ最新作、2019年に米劇場公開が決定リンク
  • 4アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク
  • 5映画『ジャスティス・リーグ』の新トレーラー、DCコミックスの大悪党ステ...リンク