2016/4/9 08:00

【動画】映画『The BFG(原題)』、新トレーラーで巨人の世界を初公開

米ウォルト・ディズニーが、映画『The BFG(原題)』の新しいトレーラーを公開した。トレーラーでは、映画のタイトルである”BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)”の巨大な手が、幼い女の子をジャイアント・カントリーに連れ去る様子が収録されている。

トレーラーの冒頭で、新人俳優のルビー・バーンヒル演じるソフィーが、「巨人が来たのは、真夜中だった」と、静かに語る。ルビーは、「どうして私を連れ去ったの?」と、尋ねる。

第88回アカデミー賞で助演男優賞を受賞したマーク・ライランス演じる巨人のBFGは、「なぜなら、私には君の孤独な心が聞こえたからだよ」と、答える。

米ディズニーが7月1日(現地時間)に米劇場公開する同作は、英小説家ロアルド・ダールの人気児童小説の映画版となる。

1982年に発行された小説『オ・ヤサシ巨人 BFG』は、人間の世界を侵略する邪悪な人喰い巨人を捕らえるため、幼い女の子とイングランドの女王、BFGが冒険に出かける物語だ。ビル・ヘイダー演じるブラッドボトラー(原作では「ガキタベ巨人」)と、ジェマイン・クレメント演じるフラッシュランピーター(原作では「マルゴト巨人」)も登場する。

米ディズニーは、映画製作会社のアンブリン・パートナーズ、リライアンス・エンターテイメント、ウォールデン・メディアと共に『The BFG(原題)』に共同出資した。同作は、故メリッサ・マシスンが執筆した脚本をもとにスティーヴン・スピルバーグが監督を務めた。

同作は、英俳優のライランスにとって、スピルバーグ監督の映画『ブリッジ・オブ・スパイ』でロシアのスパイ、ルドルフ・アベル役を演じ第88回アカデミー賞助演男優賞を受賞して以降、最初の映画出演となる。ライランスは昨年、米放送ネットワークPBSのテレビミニシリーズ『ウルフ・ホール』にも出演した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1トム・ハーディとリドリー・スコット、米海軍特殊部隊の映画『War Pa...リンク
  • 2ジョナ・ヒルが映画『Mid ’90s(原題)』で監督デビューへリンク
  • 3映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、お馴染みのオープニ...リンク
  • 4ジェレミー・レナー、ハリウッドにおける男女の報酬格差に「自分には関係な...リンク
  • 5レオナルド・ディカプリオ、映画『レヴェナント:蘇えりし者』は最も困難な...リンク