2015/10/1 09:00

『バイオハザード』シリーズ最新作、共演キャストが決定

Resident Evil Retribution - 2012
米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの一部である米映画製作会社スクリーン・ジェムズは、映画『バイオハザード』シリーズの最新作となる『バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター』で、ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーターと共に出演するキャストを発表した。共演者には、イアン・グレン、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン、ウィリアム・レビーらが名を連ねる。

ポール・W・S・アンダーソンが、自身が手掛けた脚本とともに監督を務める。

ドイツの映画製作配給会社であるコンスタンティン・フィルムが同作をプロデュースし、南アフリカのヨハネスブルグとケープタウンで9月から製作が始まっている。

『バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター』は、前作『バイオハザードV リトリビューション』で起きた出来事のすぐ後から物語が展開する。主人公アリスは、ワシントンD.C.でアンブレラ社のウェスカーに裏切られ、人類が絶滅寸前であることを知る。アンデッドに対抗する人類最後の唯一の生存者の使命をもつ者として、アリスは、悪夢の始まりであり、ヨハネ黙示録にある終末への生存者たちに最後の一撃を与えようとアンブレラ社が全勢力を終結させているラクーンシティに戻らなければならなくなる。

時間が迫る中、アリスは、アンデッドの大群と突然変異したモンスターたちとのアクション満載の戦いの中でかつての仲間たちの勢力に加わり、思いもよらぬ協力者を得ることになる。アリスの失われゆく人間離れした能力と、アンブレラ社の迫り来る攻撃の間で、この戦いはアリスにとって、忘れ去られる寸前の人類を救うための最も困難な冒険となるだろう。

『バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター』は、2017年1月に劇場公開される。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2実写映画版『ムーラン』、ニキ・カーロ監督を起用へリンク
  • 3映画『ロッキー』シリーズの最新作、映画『クリード チャンプを継ぐ男』に...リンク
  • 4テレビアニメ『シンプソンズ』、2000年にトランプ米大統領の誕生を予言...リンク
  • 5リース・ウィザースプーン、バービー人形の誕生を描く映画を製作中リンク