2016/4/2 08:00

ジェニファー・ローレンス、映画『X-MEN』シリーズに今後もぜひ出演したいと告白

x-men-apocalypse

ジェニファー・ローレンスは、今後も映画『X-MEN』シリーズに出演を熱望する、と告白した。

アカデミー賞受賞暦のあるローレンスは、「何としてもシリーズに戻って来たい」と、米エンパイア誌のインタビューで語った。「私はこの作品を愛しているし、作品に関われて最高です。シリーズものは重責が分散されるから大好きです」と、続けた。

同SFシリーズにローレンスが出演するのは今春公開となる映画『X-MEN:アポカリプス』が最後になる、と昨年5月にローレンスが認めたことから考えると、このローレンスの告白は意外である。映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)、最新作『X-MEN:アポカリプス』の中で、ローレンスはセクシーなブルーのミュータント、ミスティーク役を演じた。

同シリーズ9作目となる最新作は、『X-MEN:フューチャー&パスト』から10年後の世界に舞台が設定されている。X-MENは、人類を滅亡させるため数千年の眠りから覚めたオスカー・アイザック演じる不死身の悪役、アポカリプスに立ち向かうため団結することとなる。

ブライアン・シンガーが今回も監督を務めた同シリーズ最新作には、初出演となるオスカー・アイザック、アレクサンドラ・シップ、タイ・シェリダン、ソフィー・ターナー、コディ・スミット=マクフィー、オリヴィア・マン、ラナ・コンドルのほか、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイ、ニコラス・ホルト、ジェニファー・ローレンスが前作と同じ役柄を演じる。

映画『X-MEN:アポカリプス』は、5月27日(現地時間)に米劇場公開となる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2映画『Jumanji(原題)』の公開が2017年のクリスマスに延期リンク
  • 3クリストファー・ノーラン監督、ジェームズ・ボンド映画を「間違いなく」手...リンク
  • 4ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 5『ルパン三世 PART4』が米TVチャンネル「adult swim」に...リンク