2016/3/12 11:00

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演のミュージカル映画『La La Land(原題)』、来年度のアカデミー賞獲得を狙う

ryan-gosling-emma-stone-la-la-land

デイミアン・チャゼル監督は、映画『La La Land(原題)』で再びミュージカル映画のマジックを再現しようとしている。同作は、12月に米劇場公開となる。

同作を製作するライオンズゲートは、当初7月15日に米公開予定だった同作を、12月2日の限定公開と12月16日の米劇場公開に変更した。この日付での公開は賞レースシーズンの中心時期であり、ライオンズゲートが、同作はアカデミー賞候補作に選ばれるであろうと考えているサインでもある。

『La La Land(原題)』が、第87回アカデミー賞作品賞にノミネートされたチャゼル監督による2014年公開の映画『セッション』の次回作となるということで、同作への期待はさらに高まっている。『セッション』は、天才ドラマーと厳しく激しいジャズインストラクターとのストーリーだ。歌やダンスの要素を加えた『La La Land(原題)』では、2011年公開の映画『ラブ・アゲイン』で共演して以来、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが再共演する。

同作の新しい米公開日は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ版映画『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』と、ウィル・スミス主演の映画『Collateral Beauty(原題)』と重なる。スケジュールの変更前は、リブート版映画『ゴーストバスターズ』と同じ公開日だった。リブート版映画『ゴーストバスターズ』では、オリジナル作で主人公を務めたビル・マーリーと同僚に代わって、クリステン・ウィグとメリッサ・マッカーシーが主演する。

さらに、ライオンズゲートは、ブラック・レーベル・メディアが『La La Land(原題)』に共同出資することになったと発表した。ライオンズゲートとブラック・レーベル・メディアは、2015年秋に公開された高評価を得たドラッグスリラー映画 『ボーダーライン』を共同製作した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1O.J.シンプソンが再びハリウッドで働くべきではない理由リンク
  • 22016年米大統領選、最近の民主党討論会における5つの重要な話題リンク
  • 3ジム・キャリー、元恋人の突然の自殺に驚きと悲しみを表明リンク
  • 4【独占記事】映画『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督、映...リンク
  • 5アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク