2016/3/9 11:39

映画『スパイダーマン』シリーズの悪役ヴェノムのスピンオフ映画化、新しい脚本家の起用で復活

spider-man-venom

米ソニー・ピクチャーズは、長いあいだ企画中だった映画『スパイダーマン』シリーズの悪役、ヴェノムのスピンオフ作品の製作を急ピッチで進めている。情報筋によると、ダンテ・ハーパーがこの作品の脚本を手掛けるという。

アヴィ・アラッドとマシュー・トルマックがプロデューサーとして、計画が謎に包まれたままの同プロジェクトを監修する。また、パラク・パテルとエリック・ファインマンがコロンビア・ピクチャーズ側の製作を監修する。

ヴェノムは1988年から『スパイダーマン』シリーズに登場している。彼はスパイダーマンの敵役として、また、今回のソロシリーズでは主人公として登場する。元々は悪役だが、最近のマーベル・コミックスの世界では、立派なヒーローとして扱われている。

オリジナルのコミックでは、ヴェノムは宇宙人の寄生生物であり、人間に寄生しなければ生きられない。スパイダーマンのライバルとなる人間に寄生し、信じられないようなパワーを与える。

ハーパーは、米ワーナー・ブラザース製作によるトム・クルーズとエミリー・ブラント主演のタイムトラベルSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の脚本のリライトを手掛けた。

ハーパーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、マネジメント360、リッター・グロスマン・ニコラス・アドラー・アンド・フェルドマンと代理人契約を結んでいる。このニュースは、Hollywood Reporterが最初に記事にした。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』、ファース...リンク
  • 2ゾーイ・クラヴィッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画...リンク
  • 3映画『ファインディング・ドリー』が大ヒットした5つの理由リンク
  • 4【独占記事】SFファンタジー小説『護られし者』の映画版が進行中リンク
  • 5【動画】セレーナ・ゴメス、Netflixの新ドラマシリーズ『13 Re...リンク