2016/3/4 16:30

アカデミー賞獲得のレオナルド・ディカプリオ、ツイッターのツイート数で新記録を作る

Leonardo DiCaprio accepts the award for best actor in a leading role for “The Revenant” at the Oscars on Sunday, Feb. 28, 2016, at the Dolby Theatre in Los Angeles. (Photo by Chris Pizzello/Invision/AP)

2月28日(現地時間)、レオナルド・ディカプリオがオスカーを獲得してスポットライト浴びた瞬間、Twitterの新記録が打ち立てられた。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』で主人公を演じ、第88回アカデミー賞で初の主演男優賞を獲得したディカプリオは、1分間に44万回のツイートを生み出した。これまでの最高ツイート数は、2014年のアカデミー賞で司会を務めたエレン・デジェネレスが、スターたちと自撮りした写真を投稿して生み出した、1分間に25万回という数字。ディカプリオはこの記録を軽々と破り、授賞式のテレビ中継中に生み出した分速ツイート数の新記録を作った。

ディカプリオの主演男優賞獲得に続き、Twitterで2番目に大きな反響を呼んだのは、映画『スポットライト 世紀のスクープ』がサプライズで作品賞を受賞した瞬間だった。3番目には、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が6部門目のオスカーとなる音響編集賞を獲得した瞬間が入った。米Twitterの公式発表によると、2月28日(現地時間)の午後5時30分から午前1時(東部標準時)の間に、オスカーに関するツイート数は2420万回に達し、全体では39億回に及んだ。同社によると昨年は48時間で37億ツイートだった。今年のアカデミー賞はTwitterがより利用されていたことを示している。同社は、第50回スーパーボウルのツイート数は前年に比べ減少し、2015年の第4四半期の月間アクティブ・ユーザー数も減少していると発表していた。

それでもなお、デジェネレスのセレブたちとの自撮り写真(ブラッドリー・クーパーが撮影した)は、アカデミー賞がらみの総ツイート数で最高記録を保持し続けるかもしれない。このツイートは24時間でおよそ290万回以上リツイートされ、翌日には334万回のリツイートを生んだ。

Facebookでもディカプリオの話題はトップに上がり、次に『スポットライト 世紀のスクープ』の作品賞の話題、次いで歌曲賞にノミネートされたレディー・ガガの『ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー』のパフォーマンス、そして『レヴェナント:蘇えりし者』で監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が話題に上がった。世界で最も有名なソーシャルサービスであるFacebookの発表によると、第88回アカデミー賞に関するインタラクション(投稿や「いいね!」やコメントなど)は2400万人の間で6700万回行われていたという。これは、昨年の2100万人が行った5600万回のインタラクションを上回った。ディカプリオのスピーチに関する投稿には、午前9時(東部標準時)時点で150万人以上が「いいね!」をしていた。

ディカプリオのオスカー獲得後、数多くのセレブたちがTwitterで声援を送った。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 3映画『007』シリーズ最新作、2019年に米劇場公開が決定リンク
  • 4アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク
  • 5映画『ジャスティス・リーグ』の新トレーラー、DCコミックスの大悪党ステ...リンク