2016/3/2 12:15

『マネー・ショート 華麗なる大逆転 』レビュー(4/5点)【ひろゆき】

リーマンショックに気付いて、大儲けした人達の実話。ちゃんと調べたらサブプライムローンがボロボロだったというのがわかってた人たちは、警鐘を鳴らしてたのに、多くの人は、政府や銀行の言う事を根拠なく信じて耳を貸さなかったというお話。

サブプライム問題は、不動産ファンドの専門用語が出てきてわりとわかりづらいことが多いのですが、コミカルにわかりやすく表現してます。マイケル・ムーアといい、こういう硬派なテーマを楽しく表現するのはハリウッドは上手いですね。アカデミー脚色賞受賞映画です。

ちなみに、徳永英明さんの『最後の言い訳』が流れるシーンがあるのが日本人的な驚きポイントです。

徳永英明 / 最後の言い訳

マネー・ショート 華麗なる大逆転
★★★★☆ 4点

http://www.moneyshort.jp/

原題 The Big Short
監督 アダム・マッケイ
脚本 アダム・マッケイ チャールズ・ランドルフ
原作 マイケル・ルイス『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』(文藝春秋)
製作 アーノン・ミルチャン
デデ・ガードナー
ブラッド・ピット
ジェレミー・クライナー
出演者 クリスチャン・ベール
スティーヴ・カレル
ライアン・ゴズリング
ブラッド・ピット
音楽 ニコラス・ブリテル
撮影 バリー・アクロイド
編集 ハンク・コーウィン
製作会社 プランBエンターテインメント リージェンシー・エンタープライズ
配給 パラマウント映画
東和ピクチャーズ
公開 米国2015年12月11日 日本2016年3月4日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2800万ドル

『Wikipedia』より引用

以下、評価基準の説明です。

評価が高くなるポイント
・記憶に残るシーンがある
・いい意味で予想を裏切られる
・感想を人に話したくなったり、他人の感想が見たくなる

映画の評価は、「蕎麦とうどん、どっちが好きか?」みたいなものなので完全に個人の趣向です。

脚本の面白い映画が好きで、恋愛映画とか面白くないと感じるおいらなので、恋愛映画好きな人は評価はアテにしないほうがいいと思います。おいらの評価が高かったとしても、つまらないと感じる映画もあるでしょうし、逆も然りです。また、レビューはあんまり内容に触れないようにしています。

予告編を見ちゃって、ある程度内容がわかっちゃうと映画の面白さが減ってしまうと考えている派なので、おいらの趣向を信じて、時間とチケット代に投資できる人向けです。。。

5点:お勧めTOP100映画
4点:人によって面白く感じなくても、どこが面白いのか説得出来る映画。
3点:人によって評価が分かれる映画。
2点:面白くないか失望した映画。
1点:いまだ現れず


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2『True story』レビュー(2/5点)【ひろゆき】リンク
  • 3映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の新トレーラー、ソーとロキがチー...リンク
  • 4映画『ジャスティス・リーグ』の新トレーラー、DCコミックスの大悪党ステ...リンク
  • 5映画『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』続編、アードマン...リンク