2016/3/1 13:00

エヴァ・デュヴァネイ、映画版『A Wrinkle in Time(原題)』の監督に決定

Ava DuVernay Wrinkle in Time

映画『グローリー/明日への行進』のエヴァ・デュヴァネイ監督が、米ウォルト・ディズニーによる映画版『A Wrinkle in Time(原題)』の監督を務めることが決まった。

映画『アナと雪の女王』の脚本を執筆し、クリス・バックと共に監督を務めたジェニファー・リーが、米ディズニーによる児童文学作家マデレイン・レングル原作の小説『五次元世界のぼうけん』の映画化に向けて脚本を執筆中だ。映画版『A Wrinkle in Time(原題)』は、行方不明の科学者である父親を見つけるため、タイムトラベルで奇妙な世界を訪れる子供を追うストーリーとなる。

本紙ヴァラエティは、リーが子供の時に大好きだった小説のひとつである『五次元世界のぼうけん』のプロジェクトに加わったことを2014年に記事にした。リーは、同プロジェクトの企画において、女性が率先して進行するストーリーを際立たせ、SFと本の世界を作り上げる要素にとって創造的なアプローチをおこない、米ディズニーの幹部達に感銘を与えた。

小説『五次元世界のぼうけん』は、レングル原作による『Time Quartet(原題)』シリーズの処女作で、『A Wind in the Door(原題)』、『Many Waters(原題)』、『A Swiftly Tilting Planet(原題)』も含む。

スティーヴン・スピルバーグ監督率いる製作会社のアンブリン・エンターテインメントは、ルピタ・ニョンゴを主演にする協議中のSFスリラー映画『Intelligent Life(原題)』の監督の候補としてデュヴァネイ監督にずっと注目していた。映画『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウ監督と、共同参加者のデレク・コノリーが、『Intelligent Life(原題)』の脚本を執筆した。同作は、人類を代表する国連職員が宇宙人と接触するストーリーの『The Ambassador(原題)』と名付けられた初期のプロジェクトをもとにしている。

デュヴァネイ監督は、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)とデル・ショウ・ムーンヴス・タナカ・フィンケルスタイン・アンド・レスカーノ法律事務所のニーナ・ショウ弁護士を代理人としている。
このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ミュージシャンや俳優がリンキン・パークのチェスター・ベニントンを偲ぶ「...リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3映画『ブレードランナー 2049』の新トレーラー公開、ハリソン・フォー...リンク
  • 4日本の人気アニメ『カウボーイビバップ』、米国で実写版TVシリーズを開発...リンク
  • 5『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(5/5点)【ひろゆき】リンク