2016/2/15 15:00

『ハリー・ポッター』の新刊が今夏に出版へ

Harry Potter and the Cursed Child

人気脚本家兼劇作家ジャック・ソーンのこれから開幕する舞台公演『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の脚本が、本の形態でこの7月に出版されると、教育系出版社のスカラスティックが2月10日(現地時間)に発表した。

同公演はロンドンでの上演のみが確定しており、多くのファンは、ハリー・ポッターの次章の物語を堪能する機会を持てないだろう。次章の物語は、幅広い成功をもたらしたシリーズの8作目のストーリーになるとうたわれており、舞台作品の形式となる。ハリー・ポッターの誕生日にあたる7月31日に出版される書籍『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、本と電子書籍の形で出版され、幅広い読者が入手可能となる。

舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、2部構成で上演される。同舞台は、J・K・ローリング作『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後の設定で、大人になったハリーと彼の息子アルバスの周りでのストーリーが繰り広げられる。ジェイミー・パーカーがハリー役として決定しており、ノーマ・ドゥメズウェニとポール・ソーンリーが、マーハイオニー役とロン役をそれぞれ演じる。

ソーンは、『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の原作を、ローリングとジョン・ティファニーと共同執筆した。ロンドンでの舞台初日は7月30日(現地時間)となる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じるリンク
  • 2【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 3実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言リンク
  • 4映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定リンク
  • 5映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク