2016/1/27 08:00

ハリウッド実写版映画『攻殻機動隊』、米ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへ配給が移行

scarlett-johansson

ドリームワークスが製作を手掛け、スカーレット・ヨハンソンが主演を務める『攻殻機動隊』のハリウッド実写版映画『Ghost in the Shell(原題)』の配給が、米ウォルト・ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへと移った。米劇場公開は、これまで通り2017年3月31日のままである。

米パラマウントは、同作の共同出資も行っている。米ディズニーは以前、2017年3月31日の米公開をアナウンスしていた。

日本の人気シリーズをもとにした同作には、ヨハンソンと共にピルウ・アスベックが出演する。ヨハンソンは、非道なコンピューター・ハッカーの被害を防ごうとする、内務省に直属する秘密公安警察組織のメンバー役を演じる。

映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督が指揮を執る。アヴィ・アラッドとスティーヴン・ポールがプロデューサーを務め、マイケル・コスティガン、ジェフリー・シルヴァー、藤村哲哉、石川光久がエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

『攻殻機動隊』は1995年に長編アニメーションとして公開されたが、『Ghost in the Shell(原題)』は初の実写版映画作品となる。『攻殻機動隊』の漫画シリーズの成功は、日本のテレビアニメシリーズやビデオゲームとしても拡がった。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 2ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 3映画『007』シリーズ最新作、2019年に米劇場公開が決定リンク
  • 4アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、完成前に11...リンク
  • 5映画『ジャスティス・リーグ』の新トレーラー、DCコミックスの大悪党ステ...リンク