2016/1/11 17:15

伝説的ミュージシャンのデヴィッド・ボウイが69歳で死去

VARIOUS

多大な影響を与えた英国のミュージシャンで、時代を特徴づけた1970年代のヒット曲『スペイス・オディティ』、『ヤング・アメリカン』、『フェイム』などを残したデヴィッド・ボウイが死去した。69歳だった。

ボウイの死は、1月10日(現地時間)の夜遅くに、公式のフェイスブックページで明らかとなった。

ボウイの家族は声明の中で、「18か月に及ぶ癌との勇敢な闘病の末、デヴィッド・ボウイは本日、家族に見守られながら安らかにこの世を去りました」と、コメントした。

中性的なシンガーソングライターだったボウイは、『地球に落ちて来た男』、『ハンガー』、『戦場のメリークリスマス』などの映画にも出演した。

彼の最新アルバム『ブラックスター』は先週金曜日に発売されたばかりで、肯定的な論評が聞かれていた。ボウイの息子で映画監督のダンカン・ジョーンズも、このニュースをツイートした。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ベン・アフレックの映画『Live By Night(原題)』、ファース...リンク
  • 2ゾーイ・クラヴィッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画...リンク
  • 3映画『ファインディング・ドリー』が大ヒットした5つの理由リンク
  • 4【独占記事】SFファンタジー小説『護られし者』の映画版が進行中リンク
  • 5【動画】セレーナ・ゴメス、Netflixの新ドラマシリーズ『13 Re...リンク