2016/1/6 20:00

『スター・ウォーズ』の全世界興収が『アベンジャーズ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』を追い抜く

star-wars-55

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、『ワイルド・スピード SKY MISSION』とマーベルの『アベンジャーズ』を抜き去り、全世界の歴代興行収入で現在4位となっている。

『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード7は、全世界で15億4000万ドルを稼ぎだし、『ワイルド・スピード SKY MISSION』の15億1500万ドル、『アベンジャーズ』の15億2000万ドルを追い越した。

同作は1月4日(現地時間)に米国内で800万ドル、その他の国で1450万ドルの収益を上げた。この超大作にとっては、昨年12月18日に劇場公開してから、米国内の1日の売り上げ記録として最低の成績である。

米国内の累計興収は7億5020万ドルで、歴代1位の『アバター』にあと1030万ドルまで迫っている。おそらく数日の間に追い抜くだろう。1月6日(現地時間)には新記録を樹立するかもしれない。

米国以外の市場では、公開後20日間で7億8610万ドルを稼いでいる。中国での劇場公開がスタートする土曜日には累計興収でさらに大きな加速が見られるだろう。

興行成績の分析者は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全世界興収で残り3作品を追い抜くだろうと予測している。残るは、28億9000万ドルの『アバター』、21億9000万ドルの『タイタニック』、16億7000万ドルの『ジュラシック・ワールド』だ。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ニコラス・ホルト、作家 J・R・R・トールキンの伝記映画に出演交渉中リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウー...リンク
  • 4ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 5ダニエル・クレイグの復帰が噂される『007』シリーズの最新作、ヤン・ド...リンク