2016/1/6 15:00

公開3週目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、日本国内の興行収入でようやくトップに

star-wars-force-awakens-gallery-201

劇場公開から3週目となる先週末、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が遂に日本国内の興行収入でトップを獲得した。過去2週間は2位に甘んじていた。

同作は、1月2日と3日の2日間で観客動員数52万2000人、興行収入690万ドルを記録。1月3日現在で、累計動員数410万人、興行収入5400万ドルを突破した。

2週連続で興行収入のトップとなっていたのは、RPGゲームをもとにしたアニメ『妖怪ウォッチ』の映画第2弾となる『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』だ。先週末は、観客動員数32万3000人、興行収入は314万ドルで2位に陥落し、累計興行収入は3100万ドルに達した。

公開初週末は11位だった『クリード チャンプを継ぐ男』はトップ10にランクインした。255館で上映され、前週から8%増加の興行収入37万9000ドルを記録し、累計は160万ドルに上った。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1映画『Star Wars: Episode VIII(原題)』のライア...リンク
  • 2M・ナイト・シャラマン監督の恐怖映画『Split(原題)』、ジェームズ...リンク
  • 3【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、ハリウッドにてプレミア...リンク
  • 4ジャスティン・ティンバーレイク、ドリームワークスの最新アニメミュージカ...リンク
  • 5メリル・ストリープ、役になりきれなかった映画があると告白リンク