2015/12/30 13:30

アニメ映画『妖怪ウォッチ』第2弾が週末観客動員数で2週連続トップに

yo-kai-2-cr

子どもたちの間で爆発的な人気を誇るゲーム『妖怪ウォッチ』のアニメ映画第2弾、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』が日本国内の映画観客動員数で2週連続トップになった。

同作は、12月26日と27日の土日2日間で、興行収入410万ドル、観客動員数45万人を達成した。累積では興行収入1900万ドル、観客動員数は215万人に及ぶ。

一方、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の2日間の数字は、興行収入580万ドル、観客動員数は44万人であった。日本の映画興行ランキングは、入場チケットの数でカウントされるため、少なくとも日本においては、『スター・ウォーズ』は観客動員数で上回った『妖怪ウォッチ』に脱帽するほかなかった。

映画ランキングトップ10に初登場した作品は、6位にランクインしたアニメ映画『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』だ。この映画はテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の25周年を記念して、主人公まる子とさくら家の冒険を描く。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ 』、ピーター・ディンクレイジ...リンク
  • 2ジャスティン・ティンバーレイク、新しいミュージックビデオ『Suppli...リンク
  • 3コリン・ファース、「ウディ・アレンとは二度と仕事をしない」リンク
  • 4ディズニーの実写版映画『王様と剣』、監督と交渉中リンク
  • 5マーク・ザッカーバーグ、ローマ法王と共に恵まれない人々にネット接続をも...リンク