2015/12/31 08:00

ミス・ユニバースでスティーヴ・ハーヴェイが優勝者の名前を間違えて発表

スティーヴ・ハーヴェイがとても大きな間違いを犯した。

12月19日の(現地時間)の夜、ラスベガスで行われたミス・ユニバースの大会で、ホストのハーヴェイが優勝者にミス・コロンビア代表のアリアドナ・グティエレスの名前を呼んだ。しかし、グティエレスは優勝者ではなかった。ミス・フィリピン代表のピア・アロンソ・ウォルツバックが実際の優勝者だったのだ。

ハーヴェイは「オーケー、皆さん」と言った後、「謝罪しなければなりません。第2位はコロンビア代表です」と発表した。

ハーヴェイは、実はフィリピン代表のウォルツバックが優勝であったと発表し、カメラはグティエレスへの祝福の後、明らかに驚きを隠せないでいるウォルツバックを映した。この気まずい瞬間は米FOXから全世界190か国以上へ生放送されていた。

「このカードに書いてあったことです」と紙を持ち、ハーヴェイは明らかに取り乱していた。「私はこの責任を取らなければなりません。これは私のミスです。カードに書いてありました。皆さん、どうか私を責めないでください」と呼びかけた。

ハーヴェイはさらに自身のツイッターでも謝罪の言葉を続けた。「私のこの大きな過ちについて、心からミス・コロンビアとミス・フィリピンに対して謝罪したい。気分は最悪だ。次に、あの瞬間がっかりさせた視聴者の方々へ謝罪したい。もう一度言うけど、本当にミスだったんだ」「私はこの素晴らしいコンテストの夜を失墜させたくはない」「素晴らしい参加者たちへも同じだ。彼らは皆本当に素晴らしかった」と、ツイッター上に投稿した。

ハーヴェイは、同様の謝罪を早い段階でツイートしたが、両者の国のスペルに間違いがあり、この投稿はすぐに削除された。

公式なミス・ユニバースのコンテストもツイッター上で両者に対する謝罪をし、テレビ生放送中の「ヒューマン・エラー」であることを引き合いに出した。

当然、ツイートはすぐに炎上し、ハーヴェイのミスを非難した。一方、中には彼を擁護するものもあった。アーヴィン・マジック・ジョンソンは「スティーヴ・ハーヴェイは今夜ミスを犯したが、私たちは誰でもみんな仕事上や私生活でミスをする。@IAmSteveHarvey 元気を出して、しっかり頑張って!」とツイートした。

今年の初頭、ミス・ユニバースに関する大きな変化が注目を集めた。トランプとNBCユニバーサルが共同でこのコンテストの所有権を持っていたが、トランプの米大統領選挙のキャンペーンで物議を醸し、彼らのパートナーシップは解散することにした。代わりにウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)/インターナショナル・マネジメント・グループ(IMG)がミス・ユニバースの出資者となった。トランプはハーヴェイのミスを時間をかけて大いに楽しみ、「必要な時にトランプはどこにいるのか?」との誰かの投稿にリツイートした。

追記:12月21日(現地時間)の朝、トランプはツイッター上で今年の初頭にミス・ユニバースの出資権を「高値」で売却したことを再度言及し、彼の所有権のもとでは「決して起こらなかった!」と投稿した。

12月20日の夜、ハーヴェイの失言の前に、トランプはツイッターで彼の「友達」であるWME-IMG の共同CEOである、アリ・エマニュエルがこのコンテストのスポンサー権をトランプから購入したことをツイートし、「素晴らしい人たち、素晴らしいオーナー@IMG 是非番組を見て」と投稿した。

一方、IMGは12月21日(現地時間)の朝、このミスについて再度公表した。

同社は、「昨夜のミス・ユニバースの舞台において、1000万人のファンに生投票をいただき、その熱狂は明らかでした。残念なことに、生放送ではヒューマン・エラーが起きてしまうものです。私たちは、最初に間違えた勝者の名前が発表されたことを目撃してしまいました。ミス・コロンビア代表のアリアドナ・グティエレスとミス・フィリピン代表のピア・アロンソ・ウォルツバックと彼らの家族やファンたちに心から謝罪します。我々は、ピア・アロンソ・ウォルツバックを2015年のミス・ユニバースとして心から祝福します」と声明を発表した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【香港フィルマート2016】東宝映画『後妻業の女』は日本の詐欺商法を描...リンク
  • 2映画『Justice League(原題)』、アンバー・ハード演じるア...リンク
  • 3アンジェリーナ・ジョリー監督作、カンボジア内戦を描いた映画を2016年...リンク
  • 4映画『美女と野獣』、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う主題歌...リンク
  • 5【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク