2015/12/3 08:00

【動画】ベネディクト・カンバーバッチ、ジョニー・デップと共にカワウソのモノマネを披露

screen-shot-2015-11-28-at-2-50-45-pm

ベネディクト・カンバーバッチが、英テレビ局BBCのトーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー』でカワウソのモノマネを披露し、その演技力を見せつけた。

11月27日(現地時間)、カンバーバッチは、映画『ブラック・スキャンダル』の共演者であるジョニー・デップと共に、グラハム・ノートンが司会を務めるトーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー』に出演した。この機に乗じて、ノートンはカンバーバッチの表情とカワウソを比較したタンブラー(Tumblr)のページを見せ、カワウソと似ていることを本人に教えた。

ノートンが、「カンバーバッチのファンたちが、カワウソにとても似ていると言い始めた」と言うと、デップは「どういうこと?」とコメントした。

ノートンは、“怒ったカワウソ”や、アニメ『ルーニー・テューンズ』のキャラクター“ヨセミテ・サム”などを含めたカワウソの写真を見せ、カンバーバッチがそれらのカワウソをモノマネしてみせた。

カンバーバッチは、「次はカワウソの役を演じるからここに呼ばれたのでしょうか?」と、まじめな顔で答えた。

デップとノートンは、3匹のカワウソがぴったりと顔を寄せている写真の仲間に加わった。デップは完全になりきり、カンバーバッチの頬にキスさえした。カンバーバッチは巨大なテディベアと一緒にポーズをするように強要され、カワウソのモノマネで写真を撮影した。そのテディベアはあまりにも大き過ぎて、デップは恐れのあまりスタジオの反対側へ隠れた。その一方で、カンバーバッチはポーズを取った後でクマに飛びかかり、これでもかと殴り倒した。

カンバーバッチは巨大なテディベアにボディスラムをかまし、「私が可愛いカワウソだと思うかい?」と、言った。

狂気的な動画はこちら:


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ニコラス・ホルト、作家 J・R・R・トールキンの伝記映画に出演交渉中リンク
  • 2世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人リンク
  • 3シャーリーズ・セロン、映画『アトミック・ブロンド』を映画『ワンダーウー...リンク
  • 4ライオンズゲート、『ジョン・ウィック』のプロデューサーと女暗殺者の映画...リンク
  • 5ダニエル・クレイグの復帰が噂される『007』シリーズの最新作、ヤン・ド...リンク