2015/11/28 08:00

映画『クロウ』シリーズ最新作、レアティビティ・メディアの破産申請にもかかわらず2016年に撮影へ

'The Crow' Set For 2016 Shoot,

プロデューサーのエドワード・R・プレスマンによると、ライアン・カヴァナーの製作会社レアティビティ・メディアが経営危機にあるにもかかわらず、映画『クロウ』シリーズ最新作の映画『The Crow(原題)』は2016年の撮影開始に向けて準備万端だ。

レアティビティを後ろ盾とするこのプロジェクトでは、6月に俳優のジャック・ヒューストン(TVドラマ『ボードウォーク・エンパイア』シリーズ)が降板し、7月下旬にレアティビティ・メディアが破産を申し立てた。

ベテラン・プロデューサーのプレスマンはインドのゴアにて、本紙ヴァラエティに「レアティビティ・メディアの問題をよそに、我々は今、前進している」と話した。プレスマンの最新映画『The Man Who Knew Infinity(原題)』は、第46回インド国際映画祭のオープニングを飾った。

「レアティビティ・メディアはプロジェクトのために十分な資金を用意している。彼らはかなりの資金を保有し、建設的かつ前向きに進んでいて、カヴァナーもこの問題に全面的にかかわっているようだ」(プレスマン)

プレスマンが言うには、エドガー・ライトがこのプロジェクトにコリン・ハーディ監督(映画『The Hallow(原題)』)を紹介した。彼は映画『The Crow(原題)』には映画『ハンガー・ゲーム』シリーズと同レベルの可能性があると信じている。プレスマンは現在、ハーディとの契約をまとめている。

プレスマンは「コリンと私はいま、クロウ役を誰に交渉するべきかについて話している。我々はクロウ役を見つけ、来年の前半に撮影を開始する」と述べた。

1994年の映画『クロウ/飛翔伝説』は、アレックス・プロヤスが監督を務め、主演ブランドン・リーの遺作となった。1989年に初版発行したジェームズ・オバーの暴力的な世界を描いたコミック小説がもとになったこの映画は、北米で5070万ドルのヒットを飛ばし、カルトの第一級作品となっている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ロジャー・エイヴァリー監督復帰映画『Lucky Day(原...リンク
  • 2米ソニー、2017年夏に“絵文字”を題材にした映画を公開へリンク
  • 3映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出演するクリス・エヴァン...リンク
  • 4【動画】クリント・イーストウッド監督の最新作映画『15時17分、パリ行...リンク
  • 5『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見・全文書き起こしリンク