2015/11/24 14:00

【独占記事】ゾーイ・デシャネルとアントン・イェルチン出演のロマンス映画『Driftless Area(原題)』、米ソニーが作品権を獲得

Driftless Area

本紙ヴァラエティが確認したところ、米ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ(SPWA)が、アントン・イェルチンとゾーイ・デシャネルが出演するロマンス映画『Driftless Area(原題)』について、米国内とほとんどの世界各地域での作品権を獲得した。

同作は、ザカリー・スラサーが監督を務め、トム・ドルーリイと共に脚本も執筆し、ドルーリイが2006年に発表した同タイトルの小説をもとにしている。ユニファイド・ピクチャーズの代表であるキース・キャルヴァルと、クリエイティブ・ウェルス・メディア・ファイナンスの関係会社であるブロン・スタジオのアーロン・L・ギルバートがプロデュースを務める。

同作には、ジョン・ホークス、アリア・ショウカット、オーブリー・プラザ、フランク・ランジェラ、キアラン・ハインズも出演する。デシャネルはミステリアスな女性を演じ、イェルチンは彼の両親の死後に故郷へと戻るバーテンダーを演じる。イェルチンはデシャネルと恋に落ち心を奪われ、ホークス演じる危険な犯罪者に対して無意識に対抗することになる。

もっと見る:アルバ国際映画祭にて『Driftless Area(原題)』が公開(英文)

ラディエント・フィルムス・インターナショナルは、昨年のカンヌ国際映画祭で、『Driftless Area(原題)』のバンクーバーでの撮影が始まったことに伴い、同作の作品権のセールスを始めた。

同作は、4月にトライベッカ映画祭にて初公開された。契約は、ラディエント・フィルムス・インターナショナルのミミ・スタインバウアー、クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)とともに、米ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ(SPWA)により締結された。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ダニエル・クレイグ、次のプロジェクトはボンド映画の25作目だと明かすリンク
  • 2『ムーラン』の実写版映画、ドニー・イェンが出演へリンク
  • 3サンドラ・ブロック、映画『オーシャンズ8』の公式トレーラーで強盗団の首...リンク
  • 4J・J・エイブラムス、映画『スター・ウォーズ』シリーズ次回作のセカンド...リンク
  • 5映画『Sicario: Day of the Soldado(原題)』...リンク