2018/7/5 08:19

スカーレット・ヨハンソン、マッサージパーラーを題材にした映画『Rub & Tug(原題)』でサンダース監督と再びチームを組む

ニュー・リージェンシーが、『Rub & Tug(原題)』の映画権利をオークションで獲得した。同作は、映画『アメリカン・ハッスル』のような作風で、スカーレット・ヨハンソンが主演し、ルパート・サンダースが監督を務めると複数の情報筋が本紙ヴァラエティに明かした。

実話にもとづいた同作は、男性優位のビジネスであるマッサージ店と売春目的のビジネスで活躍する女性(ヨハンソン)を中心に展開する。

ゲイリー・スピネッリが脚本を手掛け、ジョエル・シルヴァー、トビー・マグワイア、ヨハンソン、マシュー・プルーフ、スピネッリ、ジョナサン・リアがプロデュースする。シルバー・ピクチャーズの代表ハル・サドフが、イーサン・アーウィン、セーラ・マイヤ、リチャード・ウェインバーグ、ブレンダン・コーナーと共にエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。シルバー・ピクチャーズ、マグワイアが率いるマテリアル・ピクチャーズ、ヨハンソンが率いるジーズ・ピクチャーズが共同でプロデュースする。

ヨハンソンとサンダース監督が最終的に契約する前、ジェニファー・ローレンス、ポール・グリーングラス、デヴィッド・O・ラッセルがこの1年に渡り候補にあがっていた。

ヨハンソンとサンダーズ監督にとっては、米パラマウント・ピクチャーズによる映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』以来、再びチームを組むことになる。

CAAメディア・ファイナンスがオークションを行い、契約の仲介も行った。CAAはヨハンソンとサンダースの代理人だ。Management 360がサンダースの代理人である。

デッドライン・ハリウッドが最初にこのニュースを報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1『ズートピア』レビュー(5/5点)【ひろゆき】リンク
  • 2日テレのドラマ『母になる』、トルコでリメイク決定リンク
  • 3Netflix、NHKと『ドラマ 東京裁判~人は戦争を裁けるか~』でパ...リンク
  • 42017年米公開の映画『パワーレンジャー』、エリザベス・バンクスが悪役...リンク
  • 5サム・メンデス、第一次世界大戦を描く映画『1917(原題)』の監督へリンク