2018/5/31 12:04

映画『Transformers 7(原題)』、米パラマウントの米劇場公開日程から削除される

米パラマウント・ピクチャーズは、映画『トランスフォーマー』シリーズ第7作目の米劇場公開日を2019年のスケジュールから削除した。

同作は、2019年6月28日に米劇場公開を予定していた。米パラマウントは、同シリーズのスピンオフ映画『Bumblebee(原題)』の米劇場公開日は12月21日のままにしている。マイケル・ベイ監督が最初の映画『トランスフォーマー』シリーズ5作品を手掛け、トラヴィス・ナイトが『Bumblebee(原題)』を監督した。

米パラマウントは、代わりにその日にティファニー・ハディッシュのコメディ映画『Limited Partners(原題)』を米劇場公開する予定だ。2017年秋に米パラマウントは、ライターのサム・ピットマン、アダム・コール=ケリーとプロジェクトを立ち上げた。ピーター・プリンシパト、イッタイ・レイス、ジョセル・ザダックが、アーティスト・ファースト(プリンシパト・ヤングから名称変更)を通して同作をプロデュースする。

ハディッシュは、2017年公開の映画『Girls Trip(原題)』でブレイクし、9月28日に米劇場公開予定の米ユニバーサル・ピクチャーズによるコメディ映画『Night School(原題)』ではケヴィン・ハートと共演し、11月2日公開のタイトル未定のコメディ映画ではタイラー・ペリーと共演する。ハディッシュはまた、2019年6月7日に米劇場公開予定の米ユニバーサルによる映画『Secret Life of Pets 2(原題)』にも声優として出演する。

米パラマウントは5月23日(現地時間)に、エルトン・ジョンの伝記映画『Rocketman(原題)』の米劇場公開日を2019年5月17日にしたことを明らかにした。同作はタロン・エジャトンが主演を務め、デクスター・フレッチャーが監督し、マシュー・ヴォーンがプロデュースを手掛ける。リー・ホールが脚本した同作は、ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックから音楽界のスーパー・スターとなった、天才ジョンの人生を描く。

加えて米パラマウントは、1983年に発表されたスティーヴン・キング原作の小説『ペット・セメタリー』をもとにしたリブート作品の公開日を2週間前倒しにして、2019年4月5日に移動した。

これまでに公開された『トランスフォーマー』5作品は、全世界で44億ドルの興行総収入を獲得した。2017年公開の映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、全世界で6億500万ドルと5作品の中で最も低い興行総収入を記録した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【写真】第88回アカデミー賞:候補者ポートレートリンク
  • 2映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラー公開、ディズニーの...リンク
  • 3【動画】ロビン・ウィリアムズの胸の張り裂けそうなドキュメンタリー・トレ...リンク
  • 4映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 5【写真】第88回アカデミー賞:バックステージリンク