2018/4/28 08:29

マーゴット・ロビーが主演するハーレイ・クインのスピンオフ映画、キャシー・ヤンが監督へ

キャシー・ヤンが、クレイジーな悪役ハーレイ・クインを主人公とするスピンオフ映画の監督に選ばれた。マーゴット・ロビーが主演する。原作はDCのコミック『Birds of Prey(原題)』。

ロビーの製作会社ラッキーチャップが、スー・クロールおよび彼女のクロール&コー・エンターテイメント、そしてクラブハウス・ピクチャーズのブライアン・アンケレスらと共にプロデュースする。

かつてウォール・ストリート・ジャーナルのレポーターだったヤンは、サンダンス映画祭に出品された映画『Dead Pigs(原題)』で長編映画の監督としてデビューした。映画『ワンダー・ウーマン』のパティ・ジェンキンスに続き、DC映画を監督する2人目の女性となり、また、DCコミック原作の映画を手掛ける最初のアジア人女性となる。過去、DCはエヴァ・デュヴァネイに、現在も開発中にある映画『New Gods(原題)』のオファーを出している。

映画『Batgirl(原題)』の脚本家に指名されたクリスティーナ・ホドソンが、本作の脚本を執筆した。スタジオは『Birds of Prey(原題)』を選択する前に、ギャヴィン・オコナー監督による映画『スーサイド・スクワッド』の続編も含め、クインに関して複数の選択肢を検討している。情報筋によれば、脚本が仕上がり次第、ヤンが監督を引き受ける方向だという。

現在、ロビーはシャロン・テート役で出演交渉中のクエンティン・タランティーノ監督の映画『Once Upon a Time in Hollywood(原題)』の撮影を控えているため、本作の撮影はその後の年末になると見られる。

ハーレイ・クインが登場した『スーサイド・スクワッド』の続編も、2018年に製作を開始する見込みだ。ギャヴィン・オコナーが脚本を執筆する予定で、監督の交渉にも入っている。ウィル・スミスとジャレッド・レトーが出演する。

ヤンの代理人はCAA。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ローレンス・フィッシュバーン、インディーズ・スリラー映画『...リンク
  • 2映画版『マイリトルポニー』の公開日、2017年10月に早まるリンク
  • 3ギレルモ・デル・トロ、Netflixで新しいホラーアンソロジーシリーズ...リンク
  • 4【動画】シャーリーズ・セロン、映画『Tully(原題)』のトレーラーで...リンク
  • 5【独占記事】トム・クルーズ主演の映画『Top Gun 2(原題)』、ジ...リンク