2018/4/27 15:32

エイミー・アダムス、ジョー・ライト監督の映画『Woman in the Window(原題)』に主演へ

エイミー・アダムスが、米20世紀フォックスによるジョー・ライト監督の映画『Woman in the Window(原題)』に出演する。

トレイシー・レッツが脚本を手掛け、スコット・ルーディンとイーライ・ブッシュがプロデュースする。

同作は、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストのトップでデビューを飾り、2018年に最も売れたアダルト小説となった作家A・J・フィン原作のベストセラー小説をもとにしている。同小説は、米国内で100万部以上が出版され、その他の国々でもベストセラーに入り、現在までに38ヶ国語で出版されている。

エリザベス・ゲイブラーとマリサ・パイヴァが、米20世紀フォックスの監修を担う。

アダムスは、米HBOのテレビシリーズ『Sharp Objects(原題)』に出演し、エグゼクティヴ・プロデューサーも手掛ける。また、アダム・マッケイが手掛けるディック・チェイニー元副大統領をテーマにした映画でリン・チェイニー役を演じ、クリスチャン・ベイルと共演する。アダムスは、ブリルステイン・エンターテイメント・パートナーズ、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンタテインメント)、スローン・オファー・ウェバー&ダーンと代理人契約を結んでいる。

ライトの最近の作品は、アカデミー賞作品賞を含む6部門にノミネートされた映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』だ。同作でゲイリー・オールドマンはアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

ルーディンは、今年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた映画『レディ・バード』のプロデュースを手掛けた。

ライトは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ローレンス・フィッシュバーン、インディーズ・スリラー映画『...リンク
  • 2映画版『マイリトルポニー』の公開日、2017年10月に早まるリンク
  • 3ギレルモ・デル・トロ、Netflixで新しいホラーアンソロジーシリーズ...リンク
  • 4【動画】シャーリーズ・セロン、映画『Tully(原題)』のトレーラーで...リンク
  • 5【独占記事】トム・クルーズ主演の映画『Top Gun 2(原題)』、ジ...リンク