2018/4/24 08:30

【独占記事】ヒーマンを主人公とする映画『Masters of the Universe(原題)』の監督に、ニー兄弟が決定

ヒーマンは新しい指導者を見つけた。

米ソニー・ピクチャーズとマテルは、ヒーマン(He-Man)を主人公とする映画『Masters of the Universe(原題)』の監督に、アーロン、アダム・ニー兄弟を指名した。複数の情報筋が本紙ヴァラエティに明かした。

ニー兄弟は、2015年のインディ・スリラー映画『Band of Robbers(原題)』で批評家の絶賛を受け、脚光を浴びた。2人にとって、本作は大きなマイルストーンとなる。

エスケープ・アーティスツのトッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル、スティーヴ・ティッシュがデヴォン・フランクリンと共にプロデュースする。

原作はマテルの人気玩具シリーズで、1983年から85年に大ヒットしたアニメTVシリーズと、1987年の映画が製作された。魔法の国エターニアの最後の希望の戦士ヒーマンを主人公とする。オリジナル作品では、ドルフ・ラングレンが主役のヒーマンを演じ、フランク・ランジェラが悪役スケルターを演じた。

同作はデヴィッド・ゴイヤーが脚本とエグゼクティブ・プロデュースを手掛ける。ゴイヤーは監督の椅子の近くにいたが、他作品の契約があるために同作の監督を敬遠することになった。しかし、内部関係者によれば、ゴイヤーは開発に深く関わっている。

ソニーは公開日を2019年12月18日に設定し、マット・ミランがスタジオ側の監修を担う。

ソニーは映画『スパイダーマン:ホームカミング』、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』といったヒット作品に恵まれる年となった。両作共に続編の製作が決定している。『Masters of the Universe(原題)』は長年にわたる困難に直面していたが、ソニーは依然として貴重な作品と考え、主要なシリーズのリストに加えたいとしている。

ニー兄弟は、CAA、エリック・シャーマン、ジフレンのマット・ジョンソンと代理人契約を結んでいる。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】ローレンス・フィッシュバーン、インディーズ・スリラー映画『...リンク
  • 2映画版『マイリトルポニー』の公開日、2017年10月に早まるリンク
  • 3ギレルモ・デル・トロ、Netflixで新しいホラーアンソロジーシリーズ...リンク
  • 4【動画】シャーリーズ・セロン、映画『Tully(原題)』のトレーラーで...リンク
  • 5【独占記事】トム・クルーズ主演の映画『Top Gun 2(原題)』、ジ...リンク