2018/4/13 09:47

『ムーラン』の実写版映画、ドニー・イェンが出演へ

ドニー・イェンが、米ウォルト・ディズニーの実写版映画『ムーラン』でリウ・イーフェイの相手役を演じる。

ニキ・カーロが監督し、クリス・ベンダー、ジェイソン・リード、ジェイク・ワイナーらがプロデュースする。公開が当初の予定より1年以上延期され、現在は2020年3月27日(現地時間)の予定だ。

英語で製作されたオリジナルアニメ映画『ムーラン』(1998年)は、ミンナ・ウェン、エディ・マーフィ、ミゲル・ファーラー、B・D・ウォンらが声で出演し、ジャッキー・チェンが中国語版の吹き替えを演じた。本作は全世界で3億430万ドルの興行収入を記録した。

映画『ジュラシック・ワールド』と映画『アバター』の続編の脚本を手掛けたリック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが2015年からプロジェクトに参加し、ローレン・ハイネックとエリザベス・マーティンの脚本をリライトする。

ディズニーは、映画『マレフィセント』、映画『シンデレラ』、映画『ジャングル・ブック』、そして2017年に大ヒットした映画『美女と野獣』の成功を受け、名作アニメを実写化する事業に力を入れている。現在は、ティム・バートン監督、コリン・ファレル主演の実写版映画『ダンボ』の撮影に入っている。

イェンはディズニーのヒット映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)に出演した。中国の歌手兼女優のイーフェイとは、映画『イップ・マン 継承』で共演している。現在は、その続編映画『Ip Man 4(原題)』の撮影が始まったところだ。

イェンの代理人はCAA、バレット・フィルムズ、ブルーム・ヘルゴット。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】細田守監督の新作アニメ映画『Mirai(仮題)』、カンヌ国...リンク
  • 2ジョーカーが主人公のアニメ映画『Batman: The Killing...リンク
  • 3実写版の映画『ムーラン』、公開日が2020年に延期へリンク
  • 4『リラックマ』初のアニメーションがNetflixオリジナル作品として独...リンク
  • 5フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画『On the Basis of S...リンク