2018/4/2 07:55

【独占記事】ナオミ・ワッツ、フランク・グリロとメル・ギブソン主演のアクション映画『Boss Level(原題)』に出演交渉中

Naomi Watts Boss Level

ナオミ・ワッツが、フランク・グリロとメル・ギブソンが主演するジョー・カーナハン監督のアクション映画『Boss Level(原題)』に出演交渉中であると、複数の情報筋が本紙ヴァラエティに明かした。

カーナハンが、ボーレイ兄弟による脚本で監督する。ウィル・サッソーも出演予定だ。

グリロは、結果的に毎日死んでしまう果てしないループの中に閉じ込められたリタイアした米軍特殊部隊の兵士を演じる。ワッツが誰を演じるのかについての詳細はまだ分かっていない。

同作は、米製作会社エメット/ファーラ/オアシスフィルムズから資金提供を受け、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラとマーク・ヴィーラディアン、ランドール・エメットとジョージ・ファーラがプロデュースする。エメット/ファーラ/オアシスフィルムズ、ディ・ボナヴェンチュラピクチャーズ、カーナハン・アンド・グリロズ・ワー・パーティ、スコット・フリー・プロダクションズが製作を手掛ける。

ハイランド・フィルム・グループが、全世界での映画権利を担う。

ワッツは最近、ジェイコブ・トレンブレイが出演する映画『The Book of Henry(原題)』、ライオンズゲートによる映画『The Glass Castle(原題)』でブリー・ラーソンの相手役として出演した。また、ワッツの出演する映画『Ophelia(原題)』は、今年のサンダンス映画祭で封切られた。同作は、タイトルとなっている登場人物ハムレットの恋人目線で語られる戯曲『ハムレット』の再構成だ。ワッツは、ガートルード役を演じた。

ワッツは、インディーズ映画『The Luce(原題)』でオクタヴィア・スペンサーの相手役として、また、ジェニファー・イーリーが出演するGEMエンターテイメントによる映画『 The Wolf Hour(原題)』にも出演している。

ワッツは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、アンタイトルド・エンターテイメントを代理人としている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1エイミー・アダムス、ジョー・ライト監督の映画『Woman in the...リンク
  • 2【独占記事】アンバー・ハード、エリザ)演のドラマ映画『Her Smel...リンク
  • 3映画『Wonder Woman(原題)』、最新トレーラーでソーシャルメ...リンク
  • 4米ユニバーサル、スティーヴン・キング原作の小説『トミーノッカーズ』の映...リンク
  • 5【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開...リンク