2018/3/28 08:23

ケヴィン・ベーコン、ホラー・スリラー映画『You Should Have Left(原題)』を主演兼プロデュース

ケヴィン・ベーコンが、ホラー・スリラー映画『You Should Have Left(原題)』の主演とプロデュースを手掛ける。デヴィッド・コープが自身の脚本で監督し、ジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションが製作する。

ブラムハウスは、2018年後半に撮影を開始する予定だ。原作は、2017年に出版されたダニエル・ケールマンの小説。アルプスの人里離れた家に住み、自身のヒット映画の続編を手掛ける脚本家の姿を追う。原因不明の出来事により、脚本家は自分の方向を見失い始める。

ベーコンはプロジェクトをコープに持ち込み、2人は製作を決めた。ベーコンとコープは、1999年公開の超常現象スリラー映画『エコーズ』で共に仕事をしている。コープは映画『ジュラシック・パーク』、映画『スパイダーマン』の脚本を手がけ、また、映画『トリガー・エフェクト』、映画『シークレット ウインドウ』では監督を務めた。

ブラムハウスは、2017年に映画『ゲット・アウト』、映画『スプリット』を成功させた。両作とも低コストのホラー・プロジェクトであり、興行収入で話題を集めた。次回作となる映画『Truth Or Dare』は、4月13日に米劇場公開を予定している。また、サウス・バイ・サウス・ウェスト(SXSW)映画祭のオーディエンス・アワードのミッドナイターズ部門を受賞した映画『Upgrade(原題)』は6月1日に米劇場公開する。

ベーコンは最近、映画『COP CAR/コップ・カー』、映画『ブラック・スキャンダル』、映画『パトリオット・デイ』、アマゾン・スタジオのドラマ『アイ・ラブ・ディック』シリーズに出演した。ベーコンはMGMT、フレッド・ゲインズ弁護士を代理人としている。コープの代理人はCAA。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1エイミー・アダムス、ジョー・ライト監督の映画『Woman in the...リンク
  • 2【独占記事】アンバー・ハード、エリザ)演のドラマ映画『Her Smel...リンク
  • 3映画『Wonder Woman(原題)』、最新トレーラーでソーシャルメ...リンク
  • 4米ユニバーサル、スティーヴン・キング原作の小説『トミーノッカーズ』の映...リンク
  • 5【動画】マーベルの新作映画『ブラックパンサー』、フルトレーラーを初公開...リンク