2018/3/15 08:24

『トゥームレイダー』のリブート版、映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』がプレミア上映

1996年に発売されたビデオゲームを原作とするアクション映画『トゥームレイダー』シリーズのリブート版映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』のプレミア上映が、米国ロサンゼルスで行われた。脚本家のジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレットは、主人公のクロフトの信頼性こそが、このアリシア・ヴィカンダー主演のリブート版で強調したかった点だと述べた。

ドウォレットは、「クロフトの戦いは私たち全員に共通する戦いであり、彼女の感覚もまた私たちと同じです。それが、皆さんに伝わることを望みます」と、ハリウッドのTCLチャイニーズシアターで語った。ドウォレットは、過去のシリーズやアンジェリーナ・ジョリーによるオリジナル作品の描写は好きだったが、2018年版の本作ではビデオ・ゲームの原点に回帰したかったと述べた。

「最初の映画化でアンジェリーナ・ジョリーが希求したものは、原作とはまた違うもののように思います。シャワーを浴びるシーンや身体を擦るようなシーンなどでわかります。私たちはそうした表現からいったん離れて、主人公の強さに焦点を当て直したいと考えました」(ドウォレット)。

リブート版を監督したローアル・ユートハウグは、映画やゲームのファンがララ・クロフトとつながることについて「彼女はスーパーヒーローではありません」と語る。「ララ・クロフトは打ち負かされ、傷つきますが、再起して正義のために戦うのです」(ユートハウグ)。

ヴィカンダーは、男性が支配するファンタジーやアクション映画の世界に女性が主演することは非常に稀なため、撮影は「驚きの瞬間」だったと話した。

ヴィカンダーが演じた困難なスタントやアクション・シーンの中で、最も困難だったのは水中のシーンであった。ヴィカンダーは「約12日間にわたって水中シーンを撮影することが、これほど困難だとは思いませんでした」と述べ、「痛みや切り傷、難しいアクションに備えていたのに、最終的に私を苦しめたのは冷たい水。それには少しがっかりしました」とコメントした。

『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は3月16日に米劇場公開する。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】映画『クリード2』の初トレーラー、マイケル・B・ジョーダンが歴...リンク
  • 2【動画】ロビン・ウィリアムズの胸の張り裂けそうなドキュメンタリー・トレ...リンク
  • 3映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の新トレーラー公開、ディズニーの...リンク
  • 4【動画】映画『ボーダーライン』の続編映画『Sicario 2: Sol...リンク
  • 5スティーヴン・マーチャント、ヒュー・ジャックマン主演の『ウルヴァリン』...リンク