2018/3/14 15:39

ケイリー・スピーニー、映画『パシフィック・リム:アップライジング』でジョン・ボイエガと共演へ

ケイリー・スピーニーは、教会やロックバンドで歌うことから演技に情熱を見い出した。ここ4年は毎年、家族とミズーリ州からロサンゼルスまで3日間かけて車で旅をし、劇場のオーディションに行っていた。重労働と犠牲は成果を産んだ。スピーニーは、最新作映画『パシフィック・リム:アップライジング』でジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッドと共演する。

どのような車の旅でしたか?

ミズーリ州からオクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、ネバダ州、そしてカリフォルニ州までドライブしました。私達は宿から宿へと渡り歩きました。ある時は、2人の妹と私と母は、教会で出会った様々な家族と小さな部屋で4ヶ月間過ごしました。40ドルのホテルに泊まった時は全員死ぬと思っていました。旅の間、父は家でお金を稼ぎ私たちに送金していました。これらの州を通る中で、クラッカー・バレルでご飯を食べ、グランドキャニオンのような場所に立ち寄ったことが恋しいです。このロード・トリップに興奮していました。

どのようにして映画『パシフィック・リム』の役を掴んだのですか?

それは一瞬でゼロから60に到達しました。『パシフィック・リム:アップライジング』が決まる1ヶ月前にエージェントに電話をして、この映画の裏方の仕事を頼みました。私は自身でテープを作り全力を尽くしました。エージェントは、いつも何もない壁の後ろに私を立たせ、照明で明るくして顔に近づけ、あまり動かないようにさせました。それは楽しいものではなく、私はそれらを行いませんでした。フードを被り汗をかき、顔に泥に塗り床に身を投げました。私は自分自身を駆り立てて本物のポールを手に取り、まるで誰かを攻撃しているように枕に叩きつけました、そして約2週間後、監督(スティーヴン・S・デナイト)と会い、ジョン・ボイエガと読みあわせをして相性が合うかテストをするよう電話を受けました。

あなたの役柄はとても自立してます。あなたが尊敬している人は誰ですか?

この役の準備をしている時、私は映画の中の強い女性をたどりました。エイミー・アダムスはとても力強い女優で、自分自身を非常に持っていてとても親切な人です。フェリシティ・ジョーンズと仕事をしました。彼女はひとりの人間として扱ってくれます。もちろん、ジョン・ボイエガもです。彼は私の世話をする必要はありませんでした。私は今でもナーバスになった時にはボイエガにメッセージを送ります。

ケイリー・スピーニーについて。

年齢:20歳  出身地:ミズーリ州スプリングフィールド 兄弟の人数:9人 夢の休暇:バリ島 よく見たテレビ番組:テレビシリーズ『ピーキー・ブラインダーズ』 後ろめたいが好きなこと:クラッカー・バレルのマッシュポテト お気に入りのアクセサリー:白のコンバース 好きな人:1990年代のレオナルド・ディカプリオ


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 2ティム・バートン監督の映画『ダンボ』、初トレーラーを公開リンク
  • 3映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 4【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、新たな場面写真が公開リンク
  • 5【独占記事】マッケンジー・デイヴィス、リブート版『ターミネーター』に出...リンク