2018/3/13 07:55

ハリソン・フォード、マーク・ハミルのウォーク・オブ・フェームの式典でキャリー・フィッシャーをしのぶ

3月8日(現地時間)、映画『スター・ウォーズ』シリーズのレジェンド、ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが、遂にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名を刻んだ。式典で最も感動的な瞬間は、ハン・ソロ役のハリソン・フォードによってもたらされた。

ハミルの横に立ち、フォードは「遥か彼方の銀河系」で旅をした3人目のメンバー、レイア姫ことキャリー・フィッシャーがその場にいないことを惜しんだ。

「今日の日を思うと、共に祝うべきもう1人がいないことを残念に思います」と、フォードは語った。

フィッシャーは2016年12月にこの世を去り、2017年公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で最後の出演を果たした。

フォードのコメントを受けたハミルは自身の胸に手を当て、感銘を受けた他の出席者とともに拍手を送った。

「しかし、私はこの場に彼女を感じます」とフォードは語り、深く息をした。

この日、フォードやハミルに加え、シリーズの創始者であるジョージ・ルーカスや、R2-D2、ストームトルーパーらも式典に参加した。

ハミルはハリウッドの殿堂に2630番目の星を刻んだ。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 2ティム・バートン監督の映画『ダンボ』、初トレーラーを公開リンク
  • 3映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 4【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、新たな場面写真が公開リンク
  • 5【独占記事】マッケンジー・デイヴィス、リブート版『ターミネーター』に出...リンク