2018/3/5 16:29

【独占記事】映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のケリー・マリー・トラン、エリゼベス・オルセン主演のFacebookシリーズに出演へ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でブレークしたケリー・マリー・トランが、Facebook Watchで公開されるエリゼベス・オルセン主演のシリーズの主役の1人を演じる。本紙ヴァラエティが独占入手した。

全10話からなるドラマシリーズ『Sorry for Your Loss(原題)』は、夫を失う悲しみにありながら過去と再び繋がっていく若い未亡人のリー・ギッブス(オルセン)の人生を探求するダークコメディだ。

トランはリーの妹のジュールズを演じる。パーティーでは最も楽しい女の子だが、一緒に住むのは難しい女性として描かれる。義兄の死に直面し、ジュールズは落ち着きを保つために日々闘うだけではなく、家族の中では、悪気ない災難という役割を脱出するために苦労する。

トランは全世界で13億ドル以上の興行収入を記録した『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でローズ・ティコ役を演じ世界的に有名となった。また、NBCのTVシリーズ『About a Boy(原題)』やTVシリーズ『CollegeHumor Originals(原題)』に複数回出演した。

トランの代理人はCAAとストーン、ジェノア、スメルキンソン、バインダー&クリストファー。

『Sorry for Your Loss(原題)』はキット・スタインケルナーが製作し、エグゼクティブ・プロデューサーも手掛ける。リジー・ウェイスがショーランナー(番組責任者)、ジェームズ・ポンソルトがエグゼクティブ・プロデューサーとパイロット版と数話の監督も手掛ける。オルセンはロビン・シュワルツ、マーク・タートルトーブ、ピーター・サラフと共にビッグ・ビーチTVのエグゼクティブ・プロデューサーを務める。シンシア・ペット、ブラッド・ペトリガラ、ジョン・リーブマンがブリルステイン・エンターテイメント・パートナーズのエグゼクティブ・プロデューサーを手掛ける。独立系フィルム会社ビッグ・ビーチの子会社であるビッグ・ビーチTVがスタジオの役割を果たす。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 2ティム・バートン監督の映画『ダンボ』、初トレーラーを公開リンク
  • 3映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 4【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、新たな場面写真が公開リンク
  • 5【独占記事】マッケンジー・デイヴィス、リブート版『ターミネーター』に出...リンク