2018/2/23 16:09

マーク・ハミル、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」の星に名を刻む


映画『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で名を馳せたマーク・ハミルが、3月8日(現地時間)にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星に名を刻む。

ハミルは、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2630番目の星を、ハリウッド・ブルバード6834番地にあるエル・キャピタン・シアターにて11時30分から始まる授賞式で受賞する。『スター・ウォーズ』のクリエイター、ジョージ・ルーカスとハミルの共演者ハリソン・フォードが、ハリウッド商工会議所の社長兼CEOレロン・グブラーと共に司会を務める。

ウォーク・オブ・フェーム授賞式のプロデューサーであるアナ・マルティネスは声明で、「『スター・ウォーズ』のファンは、マーク・ハミルがハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに殿堂入りすることに大喜びするでしょう。歴史的なウォーク・オブ・フェームにこの素晴らしい俳優を加えることができることを誇りに思います」と、述べた。

カリフォルニア州オークランド生まれのハミルは、ロサンゼルス・シティ・カレッジの劇場芸術を専攻して学ぶ前、メルローズアベニューにあるホースシュー(現ゼフィア)劇場の夏のワークショップのミュージカル・コメディー『Anthems in E-Flat Calliope(原題)』でスカウトされた。ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズで初の長編映画役を務める前は、テレビ映画『General Hospital(原題)』や『MTM’s The Texas Wheelers(原題)』に出演した。最近、ハミルは映画『キングスマン』に出演し、テレビシリーズ『フラッシュ』でトリックスター役を再演した。さらに映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルーク・スカイウォーカー役を演じ、今後公開を控える映画『Con Man(原題)』ではジェームズ・カーン、ヴィング・レイムスと共演する。

ハミルは、90年代のテレビアニメ『バットマン』、ビデオゲーム『バットマン アーカム・アサイラム』、アニメーション映画『バットマン: キリングジョーク』でジョーカー役を演じ、その名を知られた。ハミルはまた、テレビ『アバター 伝説の少年アン』、テレビ『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』、複数のジブリ作品、テレビ『ヒックとドラゴン~バーク島の冒険~』で声優活動も行っている。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1ジョージ・クルーニー、SFスリラー映画『Echo(原題)』の監督交渉中...リンク
  • 2映画『Creed2(原題)』、フローリアン・ムンテアヌがドラゴの息子役...リンク
  • 3【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 4映画『ワンダーウーマン』の続編映画、クリス・パインが再演へリンク
  • 5【写真】第88回アカデミー賞:候補者ポートレートリンク