2018/2/19 16:01

アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ファスベンダーの長編版映画『カン・フューリー』に出演へ

アーノルド・シュワルツェネッガーがデヴィッド・サンドバーグ監督によるアクション・コメディ映画『Kung Fury(原題)に出演する。

すでに出演が発表されているマイケル・ファスベンダーとデヴィッド・ハッセルホフらと共演する。サンドバーグ自身も出演し、自身が率いる制作会社レーザー・ユニコーンズを通してプロデュースを手掛ける。サンドバーグは1980年代のマーシャルアーツや警察映画にオマージュを捧げた自身の短編映画の続編として、この長編映画を手掛ける。同作は2015年カンヌ国際映画祭の監督週間に選ばれ、熱狂的なファンを得た。

舞台は1985年のマイアミで、サンダーコップの死後、警察が解散する。

デヴィッド・カッツェンバーグ、セス・グレアム=スミス、アーロン・シュミッドがカッツスミス・プロダクションを通じてプロデュースする。このチームは、2017年のスリラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』でも協業した。コナー・マッコーンとフィリップ・ウェスターグレンもプロデューサーに加わり、レーザー・ユニコーンズのペレ・ストランドバーグがエグゼクティブ・プロデュースを手掛ける。

シュワルツェネッガーはここ数年、映画『ターミネーター』シリーズに向き合っている。2015年には5作目が公開された。タイトル未定の『ターミネーター』のリブート版が現在プリ・プロダクション中にある。シュワルツェネッガーの他の作品としては、ファンタジー映画『The Legend of Conan(原題)』、ダニー・デヴィートとエディ・マーフィが出演する映画『Triplets(原題)』、ジャッキー・チェンと共演する映画『Viy 2: Journey to China(原題)』などが控えている。

ブルームはベルリン国際映画祭でバイヤーに紹介し、米国外の海外のセールスを担う。

シュワルツェネッガーの代理人はCAA。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が...リンク
  • 2ティム・バートン監督の映画『ダンボ』、初トレーラーを公開リンク
  • 3映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリー...リンク
  • 4【写真】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、新たな場面写真が公開リンク
  • 5【独占記事】マッケンジー・デイヴィス、リブート版『ターミネーター』に出...リンク