2018/2/12 11:47

【動画】映画『デッドプール2』、ジョシュ・ブローリン演じるケーブルが登場するトレーラーが公開

2月7日(現地時間)に米20世紀FOXが公開したアクションシーン満載の映画『デッドプール2』のトレーラーに登場したケーブルが脚光を浴びている。

ジョシュ・ブローリン演じるケーブルは、「俺は戦争の中で生まれ育った」「人は痛みを知っているつもりだが、何も分かっていない」と、語る。

デッドプールの第2人格であるウェイド・ウィルソンを演じるライアン・レイノルズは、4つ目の壁を破って同作の不完全な視覚効果について不平を言う。

ミラーは、「大馬鹿野郎」「何で視覚効果を付けないんだ?メタルアームだぞ!髭を消すのとは訳が違う!」と、語る(ポスト・プロダクションでヘンリー・カヴィルの髭をCGで消した映画『ジャスティス・リーグ』の高額な取り直し編集を揶揄)。

また、映画『トイストーリー』のウッディー姿に扮した自身のキャラクターとケーブルのおもちゃを使ってふざけた戦いを披露し、視聴者の気を散らす。

『デッドプール2』は、高く評価されたコミックをもとにした映画『デッドプール』の続編映画だ。『デッドプール』は、2016年公開のR指定作品で最も高い興行収入を記録した。

モリーナ・バッカリン、T・J・ミラー、レスリー・アガムズ、ステファン・カピチッチ、ブリアナ・ヒルデブランド、カラン・ソーニが再出演し、ザジー・ビーツ、ジュリアン・デニソンが新たに参加する。前作では、実験治療によってデッドプールになるウェイド・ウィルソンがフォーカスされた。

レイノルズは、ここ1年で新しいキャラクターたちを紹介しファンを刺激してきた。11月には『ウェット・オン・ウェット』と題されたトレーラー映像で、陽気なボブ・ロスに扮したティーザーを公開した。汚い罵り言葉が含まれるトレーラーは、今後もデッドプールが下品なユーモアと魅力を披露し続けることを示唆している。

新しいトレーラー映像は、映画『フラッシュダンス』を真似たポスターを公開した翌日に公開された。

『デッドプール2』は、2週間前倒しの5月18日に米劇場公開することが最近になって決定した。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1Amazonプライムビデオで30日以内に見られなくなるお勧め映画。【前...リンク
  • 2【動画】Netflix、『宇宙家族ロビンソン』のリブート版の公開日と初...リンク
  • 3『ジャングル・ブック』 レビュー(4/5点)【ひろゆき】リンク
  • 4アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ファスベンダーの長編版映画...リンク
  • 5『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジョージ・ミラー監督インタビュー...リンク