2018/2/7 13:50

ブルース・ウィリスとアレック・ボールドウィン、エドワード・ノートンが監督する映画『Motherless Brooklyn(原題)』に出演へ

ブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン、ググ・ンバータ=ロー、チェリー・ジョーンズが、エドワード・ノートンが手掛けるスリラー映画『Motherless Brooklyn(原題)』に出演する。

また、アカデミー賞にノミネートされたウィレム・デフォーも同作に出演することが発表された。イーサン・サプリー、レスリー・マン、ジョシュ・パイス、フィッシャー・スティーヴンス、マイケル・K・ウィリアムズ、ロバート・ウィズダムも出演する。

ノートンが自身の脚本をもとに監督を務める。また、自身が率いるクラス5フィルムズのパートナーのビル・ミグリオール(映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)と共にプロデュースも手掛ける。映画『最後の追跡』やテレビシリーズ『ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン』を手掛けたMWMスタジオズのジジ・プリッツカーとレイチェル・シェーンもプロデュースを手掛ける。マイケル・ベダーマン、エイドリアン・アルペロビッチ、スー・クロール、ロバート・F・スミス、ブライアン・シェス、ニエル・ナドラーがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

同作は、ニューヨークで撮影開始し、米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズが全世界に向けて配給を担う。

1950年台のニューヨークが舞台で、トゥーレット症候群を患う孤独な私立探偵のライオネル・エスログ(ノートン)が、指導者であり唯一の友人であったフランク・ミナ(ウィリス)を殺した犯人探しに挑む。いくつかの手がかりと強い信念で、ライオネルはニューヨーク全体のバランスを保つ極秘事項を暴く。

ノートンによる脚本は、1999年に全米批評家協会賞を受賞した作家ジョナサン・レセム原作の小説『マザーレス・ブルックリン』にインスパイアされて執筆された。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1『デッドプール』のライアン・レイノルズ、次回作でケーブル役を演じるジョ...リンク
  • 2【動画】映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』、アリシア・ヴ...リンク
  • 3【独占記事】レジェンダリー、世界的ベストセラー『ベスト・パートナーにな...リンク
  • 4エマ・ワトソン、スリラー映画『The Circle(原題)』でトム・ハ...リンク
  • 5【写真】オールデン・エアエンライク、若き日のハン・ソロ役に正式決定リンク