2018/1/29 08:30

水玉模様スタイルに夢中な進化するミニーマウス

長年に渡って、ミニーマウスは気取った若い女の子のイメージから可愛らしいスタイルアイコンへと変化してきた。

鮮やかな蝶結びのリボンと水玉模様で知られるミッキーの永遠のガールフレンドのミニーマウスは過去10年に渡り、著名なファッションデザイナーに、ミニーマウスにインスピレーションを受けたラインを作るひらめきを与え続けている。ミニーマウスは装いを新たに進化し続け、米ウォルト・ディズニーがメディアの構成要素を越えた新しい冒険を創り出すにつれ、ミニーマウスも新しい装いを手に入れる。

ディズニー・チャンネルとディズニー・ジュニアによるテレビシリーズ『ミッキーマウスとロードレーサーズ』シーズン1のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるアニメーターのロブ・ラドゥカは、ミニーマウスについて、「メリル・ストリープのような女優だとみんなに伝えています」「他の女優と同じように演じる役を与えられ、そのキャラクターの衣装を着ているのです」と、語った。

例えば、『ミッキーマウスとロードレーサーズ』では、ミニーマウスは自身のキャラクターとしても有名なクラッシックな水玉模様のピンクのドレスを身に着け、加えてサーフ・ストリート系の衣装やレーシング・ウェアも身にまとう。

家族経営のグラマシー・パークのイタリアン・レストランでミッキーとミニーを男の子として描き始め、10年前に『ミッキーマウス クラブハウス』でブレイクさせたラドゥカは、「他のすべてのものと同様にファッションにも変化があります」と、語る。

ラドゥカは、子どもの頃はキャラクターの魅力は、すべての円周でそれらを描くのがいかに簡単かということだったと語る。しかし最近ではラドゥカは、ミニーがどれくらい可愛らしくて役に立つかを評価している。

1月22日(現地時間)にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名が刻まれたミニーマウスは、将来的に大きな影響力を持つ1928年公開の短編映画『蒸気船ウィリー』で花のついた鉢植えのような帽子に水玉模様の衣装で、ミッキーマウスと共に初登場した。時代に合わせて、ミニーマウスは狂騒の20年代からフラッパー(髪をショートカットにして短いスカートをはき、ジャズ音楽を愛好し、伝統的な価値観を嫌って奔放に生きた1920年代の若い女性を指す言葉)を連想させた。

その後すぐにミニーマウスはリボンを手に入れた。これは何10年にも渡る主力アイテムであり、ミニーマウスのキャラクターは当初より少し甘やかされたものになった。服装も進化し、1960年代にはスポーティな帽子やコートを着て赤い口紅をつけた。

しかし、水玉模様はいつもミニーマウスの定番ワードローブであり、スクリーンで見る衣装だけでなく、ディズニーのライセンス付き商品も世界中で販売されている。ミニーが水玉模様の記念日であるナショナル・ポルカ・ドット・デーの星に名前を刻むのも偶然ではない。

ディズニー・コンシューマー・プロダクツのグローバル・ライセンス担当上級副社長ジョシュ・シルバーマンは、「水玉模様はリボンと黒、赤、白のシグネチャー・カラーと並んで、常にミニーマウスのイメージの重要な特徴です」「1928年のデビュー以来、ミニーマウスは水玉模様を身に着け、そのアイコニックな模様を注目すべきファッショントレンドにする手助けをしました」と、述べた。

マーク・ジェイコブス、アナ・スイ、コム・デ・ギャルソンは、過去10年間にミニーの衣装を手掛けたデザイナーだ。

ラドゥカは、「ミニーの見た目は非常に生き生きとして象徴的なので、人々はそれを楽しみ、自分自身で解釈したいと考えています」と、語る。

ラドゥカは長年に渡ってミニーの声優を務めるルシー・テイラーを信用し、キャラクターに命を吹き込み、アニメーターを鼓舞する手助けをもらっている。

ラドゥカは、「テイラーは本当にミニーを体現しています」「素晴らしい人です」と、語った。


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】Netflix、『宇宙家族ロビンソン』のリブート版の公開日と初...リンク
  • 2映画『パディントン2』のポール・キング監督、実写版映画『ピノキオ』の監...リンク
  • 3『ジュラシック・ワールド』シリーズの3作目、2021年6月に米劇場公開...リンク
  • 4シルヴェスター・スタローン、映画『ランボー』シリーズから引退かリンク
  • 5米ディズニー、 映画『ディセンダント』シリーズ3作目を2019年夏に公...リンク