2018/1/26 12:45

クリストファー・プラマー、アカデミー賞にノミネートされた最高齢の俳優に

クリストファー・プラマーが、映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』で、土壇場でケヴィン・スペイシーの代役としてJ・ポール・ゲティを演じ、3度目のアカデミー賞にノミネートされ、史上最高齢の88歳でノミネートされた俳優となる。

同作を監督したリドリー・スコットは、スペイシーに対するセクシャル・ハラスメントと暴行の訴えを受けて、11月にプラマーを同作に参加するよう口説き落とした。出演したマーク・ウォールバーグ、ミシェル・ウィリアムズ、ティモシー・ハットンは、同月末にプラマーと再撮影を行い、スコット監督はクリスマスの公開までに映画を再編集した。

米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、スコット監督が再撮影を開始して9日後、プラマーがゲティを演じるファースト・トレーラーを11月29日に公開した。

プラマーは、アカデミー賞のノミネートを受ける最高齢の俳優になることで、グロリア・スチュアートによる1998年のノミネート当時87歳だった映画『タイタニック』での記録を塗り替える。エマニュエル・リヴァは、映画『愛、アムール』でノミネートされた時は85歳だった。プラマーはすでに、2012年に82歳でアカデミー賞助演男優賞を獲得した映画『人生はビギナーズ』で、アカデミー賞を獲得した最高齢俳優としての記録を持っている。

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』は、1973年にイタリアで発生した、石油王の億万長者で誘拐犯が要求した1700万ドルの身代金を払うことを拒否したジョン・ポール・ゲティ3世の反抗的な10代の孫の誘拐事件を描く。

プラマーは、映画『ザ・フロリダ・プロジェクト(原題)』のウィレム・デフォー、映画『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンとサム・ロックウェル、映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のリチャード・ジェンキンスと賞を争う。プラマーは同カテゴリーでゴールデン・グローブ賞にノミネートされたが、ロックウェルに敗れた。

プラマーは、「アカデミー賞のノミネートを受け、非常に興奮しています」「全く予想していないことでしたが、信じられないくらい満足しています。最近は、すべての物事が非常に早く起こり、私は未だに少し驚き、すっかり興奮しています」と、声明で発表した。

プラマーは、レオ・トルストイの姿を描いた2012年の映画『終着駅 トルストイ最後の旅』で、アカデミー賞助演男優賞を獲得した。

 


タグ:
  • この記事が気に入ったらVarietyJapanをフォローしよう

MostRecentNews

  • 1【動画】Netflix、『宇宙家族ロビンソン』のリブート版の公開日と初...リンク
  • 2映画『パディントン2』のポール・キング監督、実写版映画『ピノキオ』の監...リンク
  • 3『ジュラシック・ワールド』シリーズの3作目、2021年6月に米劇場公開...リンク
  • 4シルヴェスター・スタローン、映画『ランボー』シリーズから引退かリンク
  • 5米ディズニー、 映画『ディセンダント』シリーズ3作目を2019年夏に公...リンク